イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ

タグ: お菓子

フルーツ系以外のジェラートには、どんなジェラートにも生クリームが入っていることが多いです。なんとか生クリームを使わずにジェラートを作りたいと思って作ったのが、チョコレートジェラート。生クリームも牛乳も卵も入らないので、とっても濃厚なチョコレートの味を楽しむことができます。

イタリアの家庭でもレストランでも、一番ポピュラーといっていいくらいよく食べられているティラミス。大きくわけると、生クリームを入れる白いティラミスと生クリームを入れない黄色いティラミスにわかれます。生クリーム入りティラミスはふわっとした仕上がり、生クリーム無しティラミスは濃厚な味わい。

イタリアの桃の季節は長く、6月から9月くらい。まだまだ桃の季節。ということで、桃のケーキを作りました。バターもオイルも入らず、その代わりにマスカルポーネを使用。イタリアらしいケーキです。レシピご紹介。

世界中で親しまれているジェラート。ジェラート発祥の地は、なにをかくそうフィレンツェです。ジェラートが生まれたのは、カテリーナ・デ・メディチの時代。芸術家ベルナルド・ブォンタレンティによって造られました。今でもフィレンツェのジェラート屋さんには、ブォンタレンティの名がついたフレーバーがあります。

最近ブームのマリトッツォ。作りました!マリトッツォはローマのお菓子なので、フィレンツェではほとんど見かけません。日本では丸いマリトッツォが流行っているようですが、イタリアではマリトッツォは楕円形です。作り方は簡単。パンに生クリームを挟むだけです。レシピご紹介!

イタリアのレアチーズケーキはリコッタチーズを使います。クリームチーズで作るレアチーズケーキもありますが、クリームチーズは「超加工食品」に分類されるので、あまり体にいいとはいえません。クリームチーズより、ナチュラルチーズであるリコッタチーズのほうが体にやさしいレアチーズケーキになります。

error: Content is protected !!