イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ

カテゴリー: フィレンツェ生活

イタリアでは、10月15日から、全労働者にグリーンパスが義務化されました。グリーンパスとは、少なくとも1回目のワクチンを接種している証明書、またはコロナ感染から回復した証明書、またはPCR検査の陰性証明書となります。「全労働者」とは、文字通り働く人すべてで、公私、正社員、パートタイム、ボランティア問わずです。

「サステイナブル」という言葉を耳にしない日はないくらいになりました。ささいなことですが、ひとりひとりが環境に対して意識を持ってできることをやっていく必要があると思って私がやっていることは、オーガニックの商品を選ぶこと、季節の野菜と果物を食べること、無駄を出さないこと、ファストファッションを選ばないこと。

イタリアでは、9月1日から、長距離列車に乗車する際は、「グリーンパス」が必要になりました。グリーンパスは、少なくとも1回目のワクチンを接種している証明書、またはコロナ感染から回復した証明書、またはPCR検査の陰性証明書となります。長距離列車だけでなく、飛行機、2州をまたぐ長距離バス、1州をまたぐ船もグリーンパスが必要となりました。

昨年のコロナロックダウン中はもちろん、その後も長い間、家に友人を招いて食事をすることにも制限があったイタリア。今は、家で人が集まることの規制はありませんが、ワクチンには賛否両論ありますし、家で集まるときは、みんながお互いの意見、状況を理解し、同意している状態で集まるべきです。

先日、コロナワクチンの2回目を接種してきました。副反応は少し腕が痛い程度。2回目が終わった~と思っていた矢先、イタリアでは、8月6日から、屋内のレストラン、バール、映画館、劇場、スポーツジム、美術館、そしてイベントに行くためには、ワクチン接種証明書またはPCR検査の陰性証明が必須となることになりました。

error: Content is protected !!