イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
ウフィツィ美術館

ウフィツィ美術館、夜間オープン

7月3日、フィレンツェのウフィツィ美術館の夜間オープン・イベントがありました。

通常の開館時間が終了してから、19:00~22:00に開館になり、入場料は1ユーロ。

情報をききつけたフィレンツェ市民、観光客が列を作りました。

私もそのうちの一人。

18:30から並びましたが、すでに長蛇の列😨

ウフィツィ美術館

まだ太陽が出ている時間で、暑い🥵

マスクでさらに暑い🥵

辛抱強く待ち、やっと19:00になり列が動き始めました。

制限をしつつの入場なので、列が進むスピードもゆっくり。。

友人たちと一緒じゃなかったら、へこたれていました。。

待つときにいつも思うのですが、イタリア人は辛抱強い!

どこが入口でどこが最後尾かわからない状態の列で、文句もいわずに静かに並んでいます。

アフターコロナでは、もっと辛抱強くなった気がします。

ロックダウンのときは、スーパーに入場するのも1時間待ちとかでしたからね。。

さて、やっと美術館に入場できたのは20:15。

まずは、チケットを1ユーロで購入して、入口へ。

入口では、検温と荷物検査。

1時間半以上待って、ここで熱があって入場できなかったらかなりショックです。

まあ、熱がある人なら、暑い中、1時間半も立って待つことはできないでしょうけど。。

途中で、気分が悪くなって倒れた女の子もいました。

その子が倒れたとたんに、近くに並んでいた2人の若いイタリア人がすぐにかけつけて、手当てをしていました。おそらく看護師とかなのでしょう。

こんなときもイタリア人は、すばらしいです。どんなどきでも、弱い人、困っている人をさっと助けてくれます。

気分が悪くなった女の子は、入場するころには復活して、無事入場していました。よかった。

いままでは、入場すると、すぐに3階にのぼるようになっていましたが、現在は地下1階にいったん降りてから、新しくできた廊下をぐるっと回り、また地上に戻り、3階に上るようになっています。

館内は、かなり混んでいました。

そして、無料の日や、1ユーロの日は、けっこううるさいです。

みんなあれやこれやと話をしながら鑑賞しています。

係員が「静かに!」と何度も叫んでいましたが、全然静かになりません。

そんなところは、かなり自由なイタリア人。

コロナ以降、ウフィツィ美術館では、動画を撮影することが禁止されました。

写真撮影はOKですが、撮影した写真をウェブ上でシェアすることが禁止されました。

ウフィツィ美術館自体が、オンラインでいろいろとサービスを始めたので、納得ですが。

というわけで、撮影した作品の写真をここに載せることはできませんので、窓からの景色↓↓

3階から↓↓夏の夕暮れがキレイです。

ヴェッキオ橋

2階に降りたころには暗くなっていました↓↓

ヴェッキオ橋

昨年は、コロナの影響で訪れることができなかったウフィツィ美術館。

約2年ぶりのウフィツィ美術館に感動。

有名な作品の前には、人がたくさんいたので、それら以外の作品を重点的に鑑賞して、充実した時間になりました。

22:00までとはいえ、21:30には「退場してください!」と非常ベルのようなサイレンがなり、追い出されたので、鑑賞時間は約1時間でしたが。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!