イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
歯医者

完全防備の歯医者

イタリアでは、ロックダウンの間、歯の治療は緊急時にしか行くことができませんでした。

歯石取りのためには行くことができなかったのですが、それも緩和され、今日歯科クリニックへ行ってきました。

 

 

待合室では基本的には待つことができず、予約の時間通りに行って、すぐに治療室へ入るという流れです。

治療室に入る前に、問診票の記入がありました。

  • コロナウイルスにかかっていない
  • 隔離の期間ではない
  • コロナウイルスの症状がない
  • ここ14日間コロナウイルスの症状がある人と接触していない
  • ここ14日間コロナウイルスの感染者と接触していない
  • ここ14日間、海外の渡航履歴がない

などなど、コロナウイルスに関する質問と、

  • 熱が37.5度以上ではない
  • 風邪をひいていない
  • 咳の症状がない
  • 呼吸器官に問題はない
  • 筋肉に痛みはない
  • 頭痛がない
  • 口内の出血をしていない

などなど、健康状態に関する質問があり、最後に署名します。

 

手を消毒し、ビニール袋に鞄を入れ、使い捨て靴カバーをして、治療室に入ります。

 

治療室では、窓を開けていなくてはいけないそうで、外は32度だというのに、エアコンも付けず、窓を開けています。

 

歯医者さんと歯科衛生士さんは、防塵マスクの上にサージカルマスク、さらにフェイスシールド、ゴム手袋も2枚重ね、頭には医療用キャップ、そして医療用ガウンの完全防備でした。

 

すごい暑いと言っていました。

そりゃそうでしょう。。

歯科クリニックは、7月中旬から8月末まで夏休みになるので、もう少しの辛抱だ!がんばれ!

 

鞄用ビニール袋、靴カバー、ゴム手袋、キャップ、ガウンは、使い捨てで、それらの費用が10ユーロ(約1200円)加算されました。

 

ちなみに、歯石取りで通常50ユーロ(約6000円)です。なので、10ユーロプラスされて、60ユーロ(約7200円)でした。

 

日本だと2~4回にわけてやってもらっていましたが、イタリアでは1度で済みます。何度も行かなくて済むので、ラクです。その代わり、歯石取りに1時間弱かかります。
とっても丁寧にやってくれます。

私は痛みに強い方で、多少の痛みはがまんできるので大丈夫ですが、「痛かったら休憩するよ」と途中ちょっと休憩もできるようです。

 

ロックダウンの間、虫歯になったら大変と、いつもにも増してデンタルケアをしていたので、そのかいあってか、かなりいいコンディションと言われ、よかったです👍

 

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!