イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
イタリア

ワクチン未接種者にますます制限

イタリアでは、12月6日から「スーパー・グリーンパス」が導入されます。

いままでの「グリーンパス」は、少なくとも1回目のワクチンを接種している証明、またはコロナ感染から回復した証明、またはPCR検査の陰性証明で取得することができました。

「スーパー・グリーンパス」は、ワクチン接種または回復者のみで、PCR検査の陰性証明は除外されます。

12月6日からは、スーパー・グリーンパスがないと、映画館や劇場、スポーツジムの利用、レストランやバールの屋内での飲食ができなくなります。

また、公共交通機関の利用は、現在はグリーンパス不要ですが、12月6日からはグリーンパスが必要となります。

公共交通機関に関しては、普通のグリーンパスですので、ワクチン未接種はPCR検査の陰性証明があれば利用することができます。

陰性証明は、有効期間が48時間のため、バスや電車を毎日利用する未接種者は48時間ごとにPCR検査を受けなければならないというのは、かなり大変です。

PCR検査は、薬局で受けることができ、比較的スムーズに受けることができますが、フィレンツェの歴史地区の薬局では、いつもPCR検査を受ける人たちの列ができています。

長蛇の列ではありませんので、少し待てば受けることができそうですが、検査のたびに15ユーロを払わなくてはいけないので、2日おきに受けるのは負担も大きいです。

イタリアでは76.97%の人が接種を完了しています(11月27日現在)。

医療従事者、防衛、救急、警察関係の人たちは接種が義務付けられましたが、接種義務の分野は広がっていくのでしょうか。。

3回目の接種も進んでいて、2回目から6か月が経過すれば、3回目を接種することができます。

グリーンパスは接種から12か月有効でしたが、12月15日からは9か月に短縮されます。したがって、いままで接種した人も、次の接種をよぎなくされるという状況です。

私は、今年7月に2回目を接種したため、来年4月にはスーパー・グリーンパスが無効になることになります。

ただ、このスーパー・グリーンパスがいつまで続くのか。

いまのところ、このスーパー・グリーンパスでの制限は来年1月15日までとなっています。

確かなのは、不確定なことが多いということ。。

反グリーンパスのデモは、毎週土曜日に各地でおこなわれていて、ますます人々の分断が激しくなっています。

まだまだ先は見えません。。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!