イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
フィレンツェ、リナシェンテ

ミラノ、トリノはレストラン営業開始。フィレンツェはまだソフトロックダウン

12月13日から、ミラノのあるロンバルディア州、トリノのあるピエモンテ州は、ロックダウンが緩和され、飲食店が営業できるようになりました。

 

イタリアでは、コロナ感染者数により、州ごとに色分けされています。

レッドゾーンはロックダウン、オレンジゾーンはソフトロックダウンで、イエローゾーンは飲食店も営業することができます。

 

フィレンツェのあるトスカーナ州は、まだオレンジゾーンです。

オレンジゾーンは、市をまたいでの移動はできません。

 

イエローゾーンになると、市をまたいでの移動もできるようなるため、ミラノやトリノではさっそく町は大混雑だったようです。

 

 

12月13日にイエローゾーンになったのは、ロンバルディア州、ピエモンテ州、バジリカータ州、カラブリア州。

イタリア20州のうち15州がイエローゾーンで、フィレンツェのあるトスカーナ州は数少ないオレンジゾーンです。

 

イタリア色分け12月13日
Photo: TG5

 

トスカーナもイエローゾーンになるという噂がありましたが、噂で終わってしまい、まだオレンジゾーンのままです。

 

 

オレンジゾーンでは、飲食店は閉まっていますが、店舗は営業しているので、日曜日の昨日12月13日は、クリスマスプレゼントを買い求める人たちでにぎわっていました。

店舗では入場制限をしていますので、どこのショップも行列ができている状態でした。

トップの写真は、フィレンツェにあるデパートのリナシェンテ。
ここも大行列でした。

 

イエローゾーンになったら、さらににぎわうことでしょう。

クリスマスまでにフィレンツェもイエローゾーンになる、ならない、いろんな噂がとびかっています。

 

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!