イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
フィレンツェ窓

一部営業再開?!~イタリアコロナウイルス状況~

今週から、フィレンツェは、本屋、子ども衣料品店、文房具屋は営業を開始してもよいことになりました。

 

でも、共和国広場にある本屋も、その近くにある子ども衣料品店も、シニョーリア広場に近い文房具屋もまだ休業しています。

 

店を営業する場合は、入場制限をしなくてはいけません。入店前に手の消毒をして、使い捨ての手袋を付けなくてはならないので、店側が消毒液と手袋を用意しなくてはなりません。

 

営業できる条件を満たすことが難しいということよりも、まだまだ油断できない状況なので、営業を見合わせているところが多いようです。

 

感染者数が右肩下がりになってきたとはいえ、毎日感染者が出ています。

 

 

 

フィレンツェ中心街の場合、お客さんがいないということも問題です。

 

私の家はドゥオーモからすぐなのですが、近所のパン屋さんは、営業しているものの、「お客様減少のため、13:00に閉店します。土日は休業します。」とドアに貼り紙がしてあります。

パン屋の近くのタバコ屋は、先々週まで午前中のみ営業していたのですが、先週からずっと休業しています。営業していたときも、オーナーは暇そうにいつも外でタバコを吸っていました(うちの窓から見えるので、時々見て観察していました。関係ないですが、タバコ屋さんのオーナーって、吸うタバコの数が本当に多いですね。)

 

フィレンツェの中心街のお店は、観光客に依存していたところが実に多いです。

 

 

昼間だと、家の周りにどのくらい人がいるかわからないですが、夜になると電気がつくので、「あ、あそこに人がいるんでいるんだな」というのがわかります。

 

フィレンツェ窓

 

私の家の周りは、窓20~30個につき、ひとつの窓に電気が灯っているくらいの割合です。

向かいは、B&Bが3軒あって、その他も建物まるごとツーリストアパートメントが多いのです。

 

中心街のお店が開くようになるのは、いつのことになるのでしょうか。

 

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!