イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
バス停

バスの検札

イタリアコロナロックダウンのときも、バスは動いていましたが、乗る気にはなれずに避けていました。

 

ロックダウン開始から約4か月が経ち、ロックダウンも解除され、普通の生活ができるようになりました。

それでも、マスクや消毒液、ソーシャルディスタンスなどのルールが厳しい状況。

 

今まで避けてきたバス。今日は、どうしてもバスに乗らなければならず、乗ってきました。

 

バス車内

 

話には聞いていましたが、運転手のいる前の扉からは乗ることができません。
チェーンがあり、運転席には近づくことができません。

乗車人数も制限されています。私の乗ったバスは、「22人まで」と書いてありました。

車内に消毒液が設置してあります。

座席は隣同士に座ることができないよう、ひとつおきに「使用禁止」のシールが貼ってあります。

マスク着用は義務です。

使い捨て手袋をはめている人もけっこういました。

私も使い捨て手袋持参で乗車しました。

 

 

イタリアでは、乗車する前にキヨスクやタバッキなどで切符を買い、バスの中で、自分で切符を打刻します。

無賃乗車をしている人もなかにはいます。ときどき検札がきますので、無賃乗車の人は罰金です。

 

検札はたいてい2人組でおこなわれ、前の扉と後ろの扉からバス職員が入ってくるので、乗客は逃げることができない状況になります。

閉ざされた空間で、ソーシャルディスタンスを保つことができない検札は、コロナの影響下、どうしているんだろう、、と思いながら切符を打刻しました。

 

 

 

終点でバスを降りたときに、乗客全員が次々、呼び止められました。

なにが起こったのか一瞬わからなかったのですが、

 

バス職員:「切符は?」

と言われ、検札だということがわかりました。

 

「そっか、今は、外で検札をやっているのね」と、切符を見せながら納得。

 

たしかに、終点では全員降りるので、そこでつかまえるのは効率的ですよね。

罰金をとられている人もいました。。

 

 

普段バスに乗らないので、新しい発見をしたような気分になりました。

 

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!