イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
ジェラート

ジェラートもビオ&ヴィーガン

ここ数年のビオブームで、いろいろなビオのものが出回っています。

 

気になっていたビオのジェラート屋さんに行ってきました。

ジェラートなので、果物やナッツ類、牛乳など原材料がビオなのでしょう。

 

「ビオ」というだけで体によさそうでキャッチーなので、ついつい気になってしまいます。

でも、ジェラートには大量の砂糖が入っているので、ジェラートという時点であまり体にいいものとはいえないです。

そうはいっても、暑い夏にはやっぱり食べたくなるので、体にいい悪いは気にせずに食べます^^

 

 

ジェラートは、私が唯一作らないドルチェ(デザート)。

自宅で作るジェラートは、冷凍庫の温度が低いので、どうしても固くなりがち。

固くならないためには、生クリームをたくさん入れなくてはならず、ヘビーだし、カロリーが高くなってしまいます。

空気を入れるように混ぜるとうまくいくらしいのですが、それも難しく、ジェラートマシーンも買ってみましたが、やっぱり同じ結果だったので、断念しました。。

 

スーパーで売っている量産のジェラートも買うのですが、手作りのジェラート屋さんのジェラートはやっぱり別物。

 

 

ジェラートの種類を見ると、ヴィーガンのものもありました。

ヴィーガンもここ数年ブームで、ヴィーガンレストランやヴィーガンの食品もかなり増えてきました。

ジェラートがヴィーガンということは、牛乳ではなくて、豆乳を使っているのでしょう。

 

イタリア人は、豆乳は好き嫌いが分かれます。

ヘルシー志向の人は大好きですが、あまりそれを意識しない人は「変な味」と嫌います。

私は、豆乳は好き派。

 

 

ジェラート屋さんでもお持ち帰りができます。
量り売りで、容器に入れてくれます。

600gの容器でお持ち帰りしました。

ちゃんとコーンも付けてくれました♪

 

ジェラート

 

暑くてジェラート屋さんは大繁盛です。

 

ジェラート屋さんを見ていると、「イタリア人は本当にジェラートが好きだなあ」と思います。

ベビーカーに乗っている子どもも、ぺろっと1人前を食べてしまうし、白髭のおじいさんも髭にジェラートを付けながらおいしそうに食べています。

 

ジェラートはイタリア発祥です。

夏、ジェラート屋さんを通るたびに、ジェラートはイタリアの文化だなあと思います。

 

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!