イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
The Ordinaryマンデル酸

敏感肌向けピーリング成分マンデル酸 The Ordinary

イタリアでは、ピーリングがとっても人気。

ピーリングとは、古い角質を取り除いてターンオーバーを正常化して、皮膚の角質を生まれ変わらせるというスキンケア。

日本では肌を摩擦しないというスキンケアがトレンドな一方、イタリアでは粒々の大きいスクラブでゴシゴシするフィジカル・ピーリングもまだまだ健在です。

フィジカル・ピーリングとは、物理的な力で皮膚の表面を研磨して、余分な角質などを剥がすという方法です。

それに対し、ケミカル・ピーリングとは、皮膚に酸性のものを塗布して、余分な角質を溶かして除去する方法です。

イタリアでは、フィジカル・ピーリングだけでなく、ケミカル・ピーリングもとってもポピュラー。

イタリア人は肌が強いなーと、いつも思わされます。

ケミカル・ピーリングのシンボルといえば、The Ordinary(ジ・オーディナリー)の「血みどろピーリング」。真っ赤な液体が血みたいで、このように呼ばれていますが、商品名は「AHA30%+BHA2% Peeling Solution」。

AHAは、アルファハイドロキシ酸 (Alpha Hydroxy Acids)の略で、代表的なものはグリコール酸や乳酸など。

BHAは、ベータハイドロキシ酸(Beta Hydroxy Acid)の略。サリチル酸がBHAに入ります。

一般的に、AHAは肌の外側の表皮にアプローチし、BHAは毛穴詰まりにアプローチするといわれています。

この血みどろピーリングは、かなり強いので敏感肌の人は使うことができません。

私は敏感肌なので、ピーリングにはとっても抵抗があり、血みどろピーリングは使ったことがないのですが、そんな私でも使うことができたのがマンデル酸です。

The Ordinaryマンデル酸

マンデル酸はAHAに分類され、敏感肌の人にすすめられているピーリング成分です。

アーモンドの成分で、おだやかにケミカル・ピーリングしてくれるアイテム。

マイルドすぎて肌の強い人にはものたりないかもしれません。

実際、The Ordinaryの口コミでは、血みどろピーリングのほうが人気が高いです。

みんな肌が強いんだなーと、うらやましい限り。

マンデル酸は、洗い流さないタイプで、夜使用。毎日使用できるようですが、私は週2回使っています。

透明でさらさらしているテクスチャーですが、塗布すると少ししっとりする感じ。

敏感肌の私にとっては、これくらいがちょうどよく、翌日は肌がつるんとする感じです。

敏感肌でも角質が気になるというかたにはオススメです。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!