イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
サンミニアートトリュフ祭り

トスカーナの白トリュフの地、サンミニアートのトリュフ祭りに行ってきました!

白トリュフで有名な地は、なんといってもアルバですが、トスカーナでも白トリュフがとれるが、サンミニアートです。

フィレンツェからピサの方向に向かって、車で約1時間。

 

11月2週目から、土日に3回、白トリュフ祭りが行われました。

最終の11月23日、24日の週末。行ってきました!

11月は、ずっと雨がちな日が続いていたので、せっかくのトリュフ祭りなのに雨か~、と思っていましたが、ラッキーなことに雨には降られず。

 

サンミニアートの町全体が、イベント会場になるので、車は進入禁止になります。

丘の上にある町なのですが、丘のふもとに駐車場が設置され、そこで車を降り、シャトルバスで丘の上に行きます。

シャトルバスで、約5分くらい。

町からは、景色がよく見えます。

サンミニアート

 

町に着いたら、早速、チーズやサラミなどのブースが出ています。

 

サンミニアートトリュフ祭り

 

 

人の流れに沿って歩いていくと、大きなテントがはられている広場に着きます。

 

テントの中では、チーズ、サラミ、栗、オリーブ、ハチミツなどなど、さまざまな食べ物が売られています。

 

サンミニアートトリュフ祭り

サンミニアートトリュフ祭り

 

味見をしながら、品定め。

 

まずは、トリュフ入りのチーズを購入しました。

 

サンミニアートトリュフ祭り

 

そして、おめあての白トリュフ。

サンミニアートトリュフ祭り

 

大きさごとに、値段がついています。

 

白トリュフは、やはり値段がはるので、買うのに勇気がいりますが、小さいものをひとつ購入しました♡

手打ちパスタを作ろう!リゾットも作ろう!と早速テンションがあがります。

 

 

そして、もうひとつの目的は、トリュフ料理を食べること!

 

仮設テントでも、トリュフ料理をふるまっていましたが、ちょっと歩き回ったので、ゆっくり座れるように、トラットリアに入りました。

 

タリアテッレとトリュフ。

サンミニアートトリュフ祭り

 

目玉焼きとトリュフ。

サンミニアートトリュフ祭り

 

フィレンツェのレストランで、白トリュフを食べたときは、1g単位で値段がついていたので、パスタの上にかけてもらうのに、なんだかドキドキしましたが、ここではけっこう適当に目分量でトリュフをのせていたので、気軽にトリュフを食べることができました。

 

最後に、どうしても栗が買いたくて、栗のブースへ。

 

サンミニアートトリュフ祭り

 

フィレンツェでは、大きい栗をあまり見かけないのですが、これはマロングラッセを作れそうな立派な栗です。

 

 

ランチを食べて、少しぶらぶらして、サンミニアートの町をあとにしましたが、お祭りはディナーもやっているので、夜まで続くようです。

 

 

家に帰ってきてから、トリュフのスライサーを持っていないことに気づきました😨

チーズのスライサーでもうまくできるかしら。。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!