イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
Food Wine in Progress

フードとワインのイベント「Food & Wine in Progress」に行ってきました

毎年12月にフィレンツェおこなわれる「Food & Wine in Progress」のイベント。

今年は11月30日と12月1日におこなわれました。

会場は、これもおなじみのレオポルダ。

広い会場なので、人がひしめき合うこともなく、ゆっくりイベントが楽しめます。

イベントは、文字通り、フードとワイン

フードは、オリーブオイルや、チーズ、ハム、お菓子などのブースが出て、試食をしながら購入もできるというもの。(ただし試食はほんのちょっとなので、有料でパニーノなどを楽しめるところもあります)

クッキングショーや試食会もあり、かなり盛り上がりを見せていました。

 

ワインは、「Eccellenza Toscana(エッチェッレンツァ・トスカーナ)」のスペースになっています。

Eccellenzaはエクセレントという意味で、イタリアソムリエ協会に評価されたワインの生産者のブースがそろうというもので、優良なワインばかりが並ぶので見逃せません。

数年前までは、「Eccellenza Toscana」だけで、単独のイベントがありましたが、現在は「Food & Wine in Progress」に組み込まれています。

 

ゾーンごとではなく、アルファベット順に並んでいたブースは、少々わかりにくかったですが、とりあえず、端から見ていくことにしました。

 

イル・ボッロ

ボッロロゼ

スーパートスカーナでおなじみのボッロですが、ロゼがあったので、試飲してみることに。

サンジョヴェーゼのロゼだとわかる、小さな赤の果実のニュアンスたっぷり。

フレッシュ感があり、食前酒によさそうです。

 

ボッロのブースにいって、「イル・ボッロ」を試飲しないわけにはいきません。

イルボッロ

メルロー50%、カベルネソーヴィニヨン35%、シラー15%のしっかりした骨格のパワーのある味わいは、やっぱりスーパートスカーナ。

 

 

カステッロ・ディ・モンテポ

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの生みの親「ビオンディ・サンティ」の、マレンマ地方(南トスカーナ)のワイナリー。

本家本元のモンタルチーノのビオンディ・サンティは、所有がフランス人の手に渡ってしまったので、「残念です」と伝えたら、「つらかった」という答えが返ってきました。

私には想像を絶するような苦悩だったのだろうな、と思いながら、ワインに目を移しました。

 

ここでもロゼがあったので、試飲。

ビオンディサンティロゼ

サンジョヴェーゼ100%。

エチケットの「J」は、ヤコポ(Jacopo)・ビオンディ・サンティのJですね。

ブランド力のある人は、イニシャルだけでロゴになってしまうんだー、とそんなところで感心してしまいました。

濃いめの色で、さくらんぼのようなニュアンスがあり、食中酒としても楽しめそうです。

 

続いて、

Sassoalloro Rosso Toscana IGT 2016
Morellino di Scansano DOCG 2017
Braccale Toscana Rosso IGT 2011
Schidione Toscana Rosso IGT 2011

を試飲しましたが、どれも共通していえるのが、エレガントさ。

ビオンディサンティ

 

「さすがビオンディ・サンティ」と言ったら、満足気でした。

フィレンツェからだと、2時間半から3時間はかかりますが、ぜひ行ってみたいと思いました。

 

 

テヌーテ・ルネッリ

ルネッリ

また有名な名前が目に入ったので試飲してみることに。

「ルネッリ」は、かのフェラーリ(トレントDOCのスプマンテ)のオーナーファミリーです。

 

ピサの近くということで、海側です。

「山のスプマンテ」と呼ばれるトレントDOCとは、地理が正反対。

 

「なんでまたトスカーナでルネッリがワイン造りを??」と聞いたところ、「赤を作りたくて、でもキャンティには行きたくなかった。この地は赤のポテンシャルがある」ということでした。

なるほど、すべてIGTの格付けです。

Aliotto Toscana Rosso IGT 2017
サンジョヴェーゼとカベルネソーヴィニヨン、メルローのブレンドで、果実やハーブが感じられるフードフレンドリーなワインでした。

 

Teuto Costa Toscana IGT 2016
これも、サンジョヴェーゼ、カベルネソーヴィニヨン、メルローのブレンドですが、こちらはフルボディでコーヒーなどのスパイス香のインパクトのあるワイン。

個人的には香りも味わいも強すぎる印象でした。

 

Auritea Cabernet Granc Costa Toscana 2016
カベルネフラン100%のワインで、まだまだかたい感じ。

 

ビオでやっていて、どれもきれいなバランスがあるのかと思いましたが、ハッとするワインではなかったです(えらそうですが、あくまでワインの好みの意見です)。

 

 

大手ももちろんありましたので、アンティノリへ。

リースリングがあったので、興味深く聞いてみると、フィレンツェから10キロたらずのフィエーゾレに畑があるとのことでした。

アンティノリリースリング

フィエーゾレは、小高い丘になっていて、標高が300メートル前後なので、たしかにワイナリーもあります。そこでアンティノリがリースリングを作っているとはおどろきです。

 

味わいはというと、、、

ドイツや北イタリアのリースリングとは、まったく別ものでした。

別の品種かと思うくらい香りも味わいも異なり、またまたおどろき。

アロマティックな香りや、独特の甘みがなく、トレッビアーノやマルヴァジアをふくよかにしたような味わいでした。

これはこれで、トスカーナの前菜にはあいそうです。

 

ついでに、キャンティクラシコ・リセルヴァ2016、Tenuta Guado al TassoのCont’ugo 2017、Bortosecco 2017も試飲。

アンティノリ

ちょっとインターナショナルな味わいすぎる感じがしますが、大手の安定感があります。

 

 

アンティノリと並ぶ大手のフレスコバルディ

フレスコバルディロゼ

ロゼがあったので、ロゼを試飲。

イル・ボッロもそうでしたが、フレスコバルディもマグナムボトル。
イタリアでは、国内も輸出もロゼの人気が上がっているので、どこもロゼに力をいれているのかな。

シラーとヴェルメンティーノのめずらしいブレンド。

ヴェルメンティーノのミネラル感が出ていて、シラーのしっかりさが感じられる白と赤のバランスのよいハーモニーでした。

 

ついでにカステル・ジョコンドのブルネッロ・ディ・モンタルチーノも試飲。

カステルジョコンド

やはりこれも安定しています。

もちろんブルネッロは大好きですが、もう少し特徴が出ているブルネッロの方が好きです(個人的な意見です)。

 

 

キャンティクラシコ、モンテプルチアーノもいくつか試飲しましたが、割愛して、ブルネッロへ。

 

 

フランコ・パチェンティ

フランコパチェンティ

2020年2月にお披露目になるブルネッロ2015年を持ってきていて、リリース前に試飲することができました。

2014年は、雨が多く、ブルネッロの力強さにかけたヴィンテージでしたが、2015年はよい年だったということで、かなり期待できそうです。

すでに、複雑感のあるポテンシャルの感じさせる味わいで、来年2月の試飲会「ベンヴェヌート・ブルネッロ」が楽しみです。

 

 

ドナテッラ・チネッリ・コロンビーニ

プリメドンネ

ここも、ブルネッロ2015年を持ってきていました。

またまた個人的な好みですが、ブルネッロは、南のゾーンより、北~中央の地区のエレガントさが好きなので、ここも北の地区。

特に、女性が作っているブルネッロだけあって、やさしい感じがあります。

 

 

スペシャルゲストとして、ポルトガルのマデラのワイナリーがいくつか来ていました。

マデラ

 

普段、マデラは飲む機会がまったくなく、日本で飲んだくらいです。

 

ワインの試飲の後に、マデラに行くのは、みんな同様。

最初は空いていたマデラブースは、終了時刻近くなると、最後をマデラでしめようと人でいっぱい。

人の間をかきわけながら、辛口から甘口まで、違いを味わいながら、試飲。

 

 

途中、フードブースに移動して、チーズやハムの試食をしつつ、今年最後の試飲会をしめくくりました。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!