イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
ビートのスープ

汁物が少ないイタリア料理

すっかり寒くなり、温かいものがおいしい季節になりました。

 

イタリアでは、日本の味噌汁にあたる毎日飲む汁物の料理がありません。

スープ料理はありますが、パスタの代わりに食べる1品になるので、どろっとしていて、汁気がなく、飲むというより食べるスープです。

 

例えば、ミネストローネ。

日本のミネストローネはかなりサラサラしたスープですが、イタリアのミネストローネはどろっとしていて、くたくたになるまで野菜を煮込んだ、野菜のごった煮という感じです。

 

家庭料理教室の通訳で、ミネストローネを作ったことがありますが、水をまったく入れず、野菜から出る水分のみで煮ていきました。

 

「温かいスープが食べたくて、スープをオーダーしたら、液体ではなかった」と、日本から来たお客様によくいわれます。

レストランでも、液体主体のスープはないのです。

 

温かいスープが食べたくて作ったのは、ビートとカリフラワーのスープ。

ビートのスープ

 

ビートとカリフラワーは、半分半分ですが、ビートが赤いので、カリフラワーを入れても赤のままです。

 

サラサラしたスープにしようと思ったのですが、ブイヨンを入れて水分を多くすると、量が多くなり、あまりたくさん野菜を食べれなくなるので、けっきょくどろっとしたスープになりました(汗)

ビートとカリフラワー茹でてミキサーにかけただけです。

塩で味を調整して、オリーブオイルをかけて出来上がり!

 

上には、ブッラータ(モッツァレラチーズのやわらかいもの)と、ピスタチオを。

 

ビートは、色からして、ビタミンがたっぷりありそうな赤ですよね。

ビタミンB、ビタミンCも含まれていて、肌にもイイ♡

カリウムも多いそうです。なので、高血圧にもよいですね。

 

カリフラワーは、見ため的にあまり栄養がなさそうですが、こちらもビタミンCとカリウムが豊富。

 

というわけで、とっても、体にいいスープになりました♪

 

イタリア語では、スープは「ズッパ」。

今回作ったような、ミキサーにかけたスープは「ヴェルタータ」といって区別します。「ヴェルタータ」は「ビロードのような」という意味です。具の形が残っていなくて、舌触りがなめらかなので、「ビロード」なのですね。

 

結果的に、どろっとしたスープになってしまいましたが、体が温まるスープができて、心も温まりました^^

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!