イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
カスタニャッチョ

秋の代表スイーツ「カスタニャッチョ」の作り方

フィレンツェを中心とするトスカーナ州の秋のスイーツの代表といえば、なんといってもカスタニャッチョ。

栗の粉を使ったお菓子です。

生地は、栗の粉、水、オリーブオイルのみ。

小麦粉も卵も砂糖もバターも入らない、ヘルシーな生地です。

ヘルシーというより、素朴です^^

 

中に入れるのは、ローズマリー、松の実、レーズン、くるみ。

材料を全部混ぜて、焼くだけの、とっても簡単なお菓子。

イタリアは、こういった焼きっぱなしのシンプルなケーキが多いです。

 

トスカーナの人たちは、栗の粉もトスカーナ産にこだわります。

やっぱり地元のものが一番!なのですね。

 

味はというと、

栗の甘味だけなので、ほんのり甘いという感じです。

砂糖が入っていないので、栗の味だけを楽しめます。

ローズマリーの風味もたっぷり。

 

くるみ&レーズンの組み合わせは、よくある組み合わせですが、栗とも相性バツグン。

 

ちょっとかためですが、バターも卵も入っていないので、しかたないです。

 

この季節になると、バールやパン屋さんにも売っていますし、レストランのデザートメニューにも載るほどメジャーなお菓子です。

 

作るのも簡単だし、秋になると何度か作ります♪

カスタニャッチョ

 

カスタニャッチョのレシピ

材料
栗の粉 400g
水 520g
オリーブオイル 30g
松の実 80g
ローズマリー 1枝
レーズン 60g
くるみ 80g

  1. レーズンは水(分量外)に10分ほど浸しておく。
  2. くるみを粗く切る。
  3. ローズマリーを枝から外す。
  4. 栗の粉をふるって、水とオリーブオイルを混ぜる。
  5. くるみ、松の実、ローズマリー、しぼったレーズンを4に加える。その際、松の実、レーズン、ローズマリーを少し取っておく(最後に上にのせるため)。
  6. 型に入れて、寄せておいた松の実、レーズン、ローズマリーをのせて、オリーブオイルを回しかけ(分量外)、195度のオーブンで約35分焼く。

(ちなみに写真は、レーズンが上にのってませんが、全部中に入れてしまったためです。全部中に入れないように、少し寄せておくのを忘れないようにしましょう汗)

合わせるワインは、トスカーナ産のデザートワインがやっぱり一番合います。

ヴィンサントが王道ですが、私は、ヴィンサントだとワインの味の方が強い気がします。
歯ごたえはあるけど、砂糖ゼロのお菓子なので、栗の粉のデリケートな味わいを消さないように、もう少しデリケートなデザートワインを合わせるのが好みです。
モンタルチーノ産のモスカデッロが、個人的には一番!
栗の自然の甘さによいそってくれます♡

カスタニャッチョとデザートワイン

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!