イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
イチゴとバルサミコ

イタリアの定番 イチゴとバルサミコ

春といえばイチゴ🍓

イタリアのイチゴは、日本のイチゴより甘さが少なく、酸味が多いです。

イタリアでは、イチゴは砂糖をかけて食べるのが一般的。

「イチゴに砂糖をかけるなんて!」と、最初はびっくりしましたが、イタリアのイチゴはどんなに熟しても甘くならないと知って、納得しました。

酸味があるので、砂糖の甘さとマッチするのです。

スーパーで買ってきたイチゴ。

大きさはバラバラ。形もバラバラです。

熟しているものもあれば、あまり熟していないものもあります。

形がそろっている日本のイチゴとは大違い。

少しだけ砂糖をふりかけたあとに、バルサミコ酢をかけて食べるのがイタリアの定番。

バルサミコ酢は、サラサラしたものではなく、とろっとしたものを使います。

とろっとしたバルサミコ酢は、酸味の中に甘味があり、砂糖で少し甘くなったイチゴとマッチングします。

イチゴとバルサミコ

ハッピーな気分で、インスタのリールを初投稿しました。BGMも入れることができて、投稿も楽しいですね!

イチゴとバルサミコのレシピ

材料(2人分)

イチゴ 5個
砂糖 小さじ1
とろっとしたバルサミコ酢 適量

作り方

① イチゴをカットし、砂糖をかけて30分ほど置いておく。
② 盛りつけて、バルサミコ酢を回しかける。

お好みでバニラのアイスクリームを添えても美味♡ バルサミコはバニラアイスとも相性バツグンです。

とろっとしたバルサミコ酢は、お値段がはるので、サラサラしたバルサミコ酢をとろっとするまで煮詰めてもOKです👍

合わせるワインは、アスティのスプマンテ。食後のデザートにイチゴ&バルサミコとアスティで、ハッピーになることができます♪

アスティスプマンテは、やっぱりフォンタナフレッダが好き。

大手ワイナリーなので、手に入れやすいというメリットもあります。

デリケートな甘みと酸味がデザートワインとしてぴったりです。

【6本〜送料無料】アスティ スプマンテ パレット ブルー NV フォンタナフレッダ 750ml [甘口発泡白]Asti Spumante Palette Blue Fontanafredda

最近のデザートは、毎日コレ🍓

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!