イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
ストーブ

10月1日ストーブを点けました

1週間前くらいから急に涼しくなり、朝の最低気温は10度前後のフィレンツェ。

夜も冷えるようになり、10月1日、ストーブを点けました。

 

といっても、シャワーをするときだけです。

 

バスタブがないため、シャワーのみだとシャワー後に体が冷えてしまうので、バスルームでストーブを点けました。

 

ストーブは、灯油ストーブです。

 

ヨーロッパでは、パイプ型の暖房が主流で、イタリアも同様です。パイプの中を温水が循環し、セントラルヒーティングになっています。

セントラルヒーターの燃料はガスのため、大気汚染を抑制するため、使用時期が市町村で決められています。
フィレンツェは11月にならないと使うことができません。使用できる時期も、1日に12時間と決まっています。

 

エアコンや電気ストーブ、灯油ストーブは自由に使うことができます。

 

私の住んでいる家の建物は、セントラルヒーターがないため、灯油ストーブとガスストーブを使っています。

 

 

イタリアでは灯油はとっても高いです。

18リットルで50ユーロくらい(約6250円)です。

 

家の中では着こめばいいので、多少はがまんできますが、シャワーするときはストーブは必須です。10月から4月末まで、年によっては5月の初旬まで使っています。

 

セントラルヒーターのある家は、バスルームまで暖房が付いているので、シャワーするときも暖かいそうでうらやましいです。

 

でも、脱衣所が寒いのは日本も同じです。

そうはいっても日本ではバスタブにつかることができますし。

日本のお風呂が恋しい冬が始まります。

 

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!