イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
サンレモ

イタリアの一大イベント「サンレモ音楽祭」

イタリアの一大イベント「サンレモ音楽祭」。毎年3月初旬ごろにおこなわれる音楽コンテストで、紅白歌合戦のようなイベントです。

紅白歌合戦は1日だけですが、サンレモ音楽祭は5日間続きます。

サンレモ音楽祭の歴史は1951年から始まり、今年2021年で71回目。

今年は3月2日~6日に行われました。

観覧席は、5日チケットでが672ユーロ~1290ユーロ。1日のみのチケットが100~180ユーロで最終日は320~660ユーロ。(いずれも2020年)

今年は、コロナの影響で観客なしでおこなわれました。

サンレモは、リグーリア州のフランス寄りの海岸沿いの町。フランスのニースから50キロの距離です。

今年は26組のアーティストが歌を披露し、競い合いました。

国営放送テレビで生放送され、視聴者が投票できるシステムになっています。

アーティストは連日同じ曲を歌い、5日間かけて優勝を決めるという、とても慎重なコンテストです。

歌の合間合間でゲストが登場したり、趣向が凝らしてあります。

そうはいっても、長い!

夜9時ごろから夜中の1時ごろまで連日続きます。

娯楽意識が高いのか、勝ち負けを決めるのに慎重なのか、いずれにしてもイタリア人って5日間も見続けていられるのだからすごい。

視聴率50%近くの人気なのです。

テレビの前に5日間4時間ずつはりついていると飽きてくるので、私は「ながら見」。

家事などをやりながらちらちらと見ています。

イタリアの旬の音楽を知ることができるし、やっぱり見ないわけにはいかないのです。

音楽のほかに私がいつも楽しみにしているのは、芸術監督&総合司会者のアマデウスことアメデオ・セバスティアーニと司会のロザリオ・フィオレッロのファッション。

お色直しもあるので、1人10着の衣装を着ることになります。

アマデウスは、オーダーメイドの衣装で華やか。

フィオレッロは、いつもジョルジョ・アルマーニ。ひとめでアルマーニだとわかるスモーキングやスーツはエレガント。

フィオレッロはいつもアルマーニを着用していて、アルマーニの広告塔のようになっていますが、本当にアルマーニがよく似合います。

今年の優勝者は、ロックグループのManeskin(マネスキン。綴りはaの上に〇が付きます)でした。

北ヨーロッパ人のような真っ白な肌ですが、ローマ出身の20歳前後の若い4人グループ。

トラディッショナルなポップスが王道のサンレモ音楽祭で、意外な優勝者だなというのが個人の感想です。

時代も変わってきたのでしょうか。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!