イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
イタリアの郵便局

イタリアの郵便局「あるある」

イタリアの郵便局。

イタリア公務員の働く姿がリアルにわかる場所。。とでもいったところ。。

イタリアの郵便局の「あるある」まとめてみました。

私用の電話をしながらの対応

窓口で作業している間に携帯電話が鳴ったとき、客対応をしていても、かまわず電話に出ます。

「今、仕事中だよ。何?」

と話を始めます。

あきらかに私用の内容です。

電話を切ると、何もなかったかのように客対応を続けます。電話の内容を教えてくれるときもあります。質問してないのに。

大声でおしゃべり

隣の窓口の人と話をしながらの客対応。

話している内容は、たいしたことはありません。

昨日何をしたとか、今日起こったこととか、、

隣の窓口とはある程度離れているので、大きな声を出さないと聞こえません。

私に話している途中で、同僚に声をかけたりするので、「私にいっているのかな?」とそのたびに思います。

待ち時間が長い

うんざりするくらい待ち時間が長いことが多いです。ただし、現在はコロナの影響で利用者が減り、待ち時間も短くなりました。コロナで便利になった数少ないことのひとつ。

コロナ以前は、1時間待つこともよくあることでした。

対策法は、番号札を取った後、別の用事をし、また戻ってくる。または、朝いちで行く。

書類記入はその場で

送り状や書類は、郵便局内に置いてあるものもありますが、置いてない書類もあります。

窓口に行ってから、記入しなければならない場合。日本だったら、記入している間に他のお客さんの処理をしますが、イタリアではそのまま。

記入する書類が何枚もある場合は、長い間窓口を占領することになります。

その間に、窓口の係の人は、隣の窓口の係の人とおしゃべりをしているか、「水を取ってくる」とかでどこかに行ってしまいます。

郵便局の待ち時間が長い原因のひとつです。

事前に書類をもらえば窓口での時間が節約されると思い、「次回用にこの書類ください」といったら、「枚数が少ないから渡すことができない!次回来たときに窓口で記入して!」といわれました。

面倒だと思われる

日本に荷物を発送するとき。

「日本に荷物を送ります」というと、「すごく面倒!」という顔をされます。

国際郵便は、宛先をその場で係の人がパソコンで入力するので、時間がかかるのです。

しかも「日本の住所は長い!」といやがられます。

たしかに、日本の住所は長いです。

日本人でもわかりにくい長い名前の地名があったりするので、イタリア人にとってはかなり難しいでしょう。

名前も、どちらが姓でどちらが名がわからないので、「どっちが名字?」と確認したり。

長い住所を入力しながら、「ふー」とため息をついたり、「あー(濁点付き)」とうなったり。

「日本の住所が長いのは私のせいではありません」というと、火に油を注ぐことになるので、「日本の住所は長いですよね、わかります、私でも難しいですから」となだめています。

機械が壊れている

はかりや署名ボードなど、機械が壊れていることがあります。

はかりが壊れているときは、「あっちのはかりで測ってきて」と別の窓口に行って重さだけ測って、もとの窓口に戻ったり。さほど問題にはなりませんが。

署名ボードが壊れているときは、印刷した紙にサインをすればOKなので、これも問題にはなりません。

料金表と違う

郵便局のサイトに料金表が記載されていますが、実際の金額とは違うことがあります。

荷物を発送するときは、窓口に行くまで正確な料金がわからないので、事前に料金を聞きに行くことがあります。

「それはできない」と、ぶつぶついいながら料金を教えてくれます。

はかりに荷物をのせると料金が算出しされますが、手続きを中断しなければならないようで、いやがられます。

ちゃんと番号札をとって、順番を待ったのだから、そのくらいしてくれてもいいとは思うのですが。。

でも、人によってはいやがらずに教えてくれる人もいます。

それ以前に、正確な料金表を記載してほしいです。

叱られる

書類の書き方が違っていたり、こちらが誤ってしまうと叱られます。

「ここはこうでしょ!」
「ここに書いて!」
「この書類も必要!」

と、悪いことをしたときのようにどなられます。

イヤな気分になりますが、耐えるのみ。

じつは悪気はない

さんざんどなっていても、悪気があるわけではありません。

さっき怒っていたかと思うと、「アモーレ」「テゾーロ」「カーラ」(どれも「親愛なる」といったような意味の呼びかけの言葉)と呼びかけてきて、普通のトーンに戻ったりします。

イヤな気分になったのはなんだったのだろうと、拍子抜け。

郵便局はなにかと利用するので、避けて通ることができません。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!