イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
ヒルドイド

ヒルドイド問題。美容で使わないで。

「ヒルドイド」は、アトピー性皮膚炎による乾燥などに用いられる医療用医薬品。

そのヒルドイドを化粧クリーム代わりにする女性が増え、大きな問題になった数年前。

いまだにヒルドロイドを化粧クリーム代わりに使っている人がいるようです。

私はヒルドイドの愛用者。

アトピーではありませんが、敏感肌ですぐかゆくなってしまいます。

保湿してないんじゃない?といわれた日には、保湿対策を永遠語ることができるくらい保湿には気を使っています。

それでも、かゆくなってしまうので、ヒルドイドを使っています。

ヒルドイドは、マルホ株式会社が製造販売しているヘパリン類似物質が主成分の保湿剤。肌の保湿、血行促進、抗炎症作用などの効果が認められています。

強い保湿効果があるため、それがシワ改善やアンチエイジングに効果があるとネットなどで話題になり、医療目的ではなく美容目的で使う人が増えたというのがヒルドイド問題。

健康保険財政を圧迫するまでにもなり、ヒルドイドを保険適用外にする動きまで出ました。

これは、非常に困ります。

軽率に医療用医薬品を美容目的で使用している人たちのせいで、保険対象外になってしまうなんてナンセンスです。

コピー品が増えたせいでブランド自体がなくなってしまうアパレル?!

ちょっと例えは違うかもしれませんが、非常に残念なことです。

はたして、本当にヒルドイドは美容に効果があるのか?

ヒルドイドを体に使っている身としては、正直顔にぬるのはどうかな、と思います。

ベタベタしていますし、のびも悪いです。

顔にぬったら毛穴も広がりそうですし、ベタベタしてニキビもできそう。

化粧のりも悪そうだし、くずれやすそうです。

化粧クリーム代わりに使っている人はどうやって使っているのでしょう。

夜使っているのかな。

たしかに保湿にはなりますが、特に美容成分が入っているわけではありません。

夜なら、ナイアシンアミドやヒアルロン酸、ペプチド、トラネキサム酸、ビタミンC、レチノールなどなど、使いたい美容成分はたくさんあります。

それらを使わないでヒルドイドをぬるというのが、いまいちよくわかりません。

美容液を使ってから保湿のために使っているのかもしれませんが。。でも、それだったらセラミドとかNMF(ナチュラル・モイスチャライジング・ファクター)のクリームとかを使ったほうがいいのでは、と思います。

そこでデビューしたのが、コーセーとマルホの合弁会社の「カルテ ヒルドイド」。

名称に「ヒルドイド」が使用されているのが、医療用医薬品のヒルドイドと誤認する可能性があるとこれまた問題になり、「カリテHD」に変更されました。

大手化粧品会社コーセーの技術も生かされたスキンケア用品となっていて、化粧水、乳液、クリーム、オールインワンゲルのラインナップ。

ヒルドイドと同じヘパリン類似物質が有効成分になっています。

また、消炎作用のある成分のグリチルリチン酸ジカリウムも有効成分となっています。

スキンケア用品として作られているので、使い心地もよさそうです。

楽天で購入する

楽天で購入する

興味はありますが、私はヒルドイドをイタリアにもってくるのが精一杯で、カリテHDまでスーツケースのスペースがなく、使ったことがありません。。

でも、よさそうなので、次回日本に行ったときはぜひ使ってみたいです。

ヒルドイドは、私にとっては救世主。

かゆくなりそうだな、というときにぬっておけばかゆくなりにくいです。
(かゆくなりそうだなという予兆は、肌の弱い人ならわかってくれるはず)

かゆみの予防になり、夜安心して寝ることができます。

寝ている間に、かゆくて無意識にひっかいてしまって血が出てしまうということも防ぐことができますし、かゆくて起きてしまうということも避けることができます。

かゆくて起きてしまうのは本当に悪夢。

そこまでかゆくなってしまうと、もうヒルドイドは効きません。

でも、アトピーではないので、私はまだ軽い症状なのだと思います。

私よりももっとヒルドイドを必要としている人もたくさんいるはず。

ヒルドイドを医療用医薬品として使っている人のためにも、美容目的で使っている人は、使用をやめてほしいです。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!