イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
ポルペッテ

残り物の行き先は?

料理をたくさん作ってしまったときの残り物、捨てるのはもったいないですよね。

日本ではよくチャーハンにしたりしてましたが、イタリアの残り物の量は半端ないので、チャーハンでは全然使いきれません(笑)。

イタリア人は、かなり食べるので、ホームパーティの時は、大量に作ります。

食べる量も多いですが、残る量も多いんです。。

残り物の始末の定番メニューといえば、「ポルペッテ」。

まるめたもの、または、だんごという意味です。

「クリスマスの食事で残ったものは、翌日ポルペッテに!」と、クリスマスの後によくテレビの料理番組で放送されています。

中身は何でもいいんです。

じゃがいもや、野菜、肉などなど。

調理法も、煮ても、焼いても、揚げてもいいんです。

ちょっとパン粉と、パルミジャーノチーズをすりおろしたものを入れて、ハンバーグを作るようにこねて、だんごにすれば、立派なポルペッテになります。

先日ブイヨンを作った後の玉ねぎ、にんじん、セロリを、牛ひき肉とまぜてポルペッテにしました。

作ったブイヨンを少し入れて煮込んだら、ホクホクおいしいポルペッテになりました♪

ポルペッテ

「ポルペッテ」は、まるめたもののことをいうので、小さいものは「ポルペッティーネ」、大きいものは「ポルペットーネ」となります。

ポルペットーネは、だんごの大きいもの=つまり、ミートローフです。

これも残り物には便利。

大きいので、残り物がいっぱいあるときにツカえます。

ラーメンのつゆを作った時に使った鶏ガラとネギ。。。

新たに鶏ひき肉と合わせてポルペットーネを作りました。

ポルペットーネ

タイム、ローズマリー、セージ、オレガノ、フェンネルシードとハーブたっぷりにして味つけ。

残り物でない材料で作った方が、完成度が高くておいしいですが、エコなデイリーメニューとしてなら全然アリです。

味つけを濃いめにすると残り物感もごまかしがききます。

味が濃いので、ワインもすすみます(笑)。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!