イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
ミネストローネ

野菜たっぷりミネストローネ

寒い日が続いていますが、冬の代表料理といえば、ミネストローネ。

日本で、ミネストローネというと、「スープ」のような感じで、液体の中に野菜が入っているイメージですが、イタリアのミネストローネは、「野菜の煮込み」といった感じで、液体は少ないです。

ミネストローネ

ミネストローネは、家庭料理教室と、クッキングスクールで、通訳をやったときに、作ったのですが、だいぶ、作り方が違いました。

家庭料理教室では、水はまったく入れず、野菜から出てくる水分だけで煮ていきました。

キャベツ、ポロネギ、ニンジン、甜菜など、野菜を何種類も鍋に詰め込んで、フタをして煮るだけ。

野菜がクタクタになるまでに煮込みます。

野菜そのものの味がしみ出て、体も心も温まる料理です。

クッキングスクールでは、玉ねぎ、ニンジン、セロリを煮た煮汁(=ブイヨン)を入れました。

固い野菜→ブイヨン→それほど固くない野菜→ブイヨン→やわらかい野菜→ブイヨン、といったように野菜を1種類入れるごとにブイヨンをおたま1杯分くらい加えていくという作り方でした。

より、野菜のコクが出る感じでした。

入れる野菜はなんでもOKです。

かぼちゃ、じゃがいも、インゲン、ズッキーニなども入れることができます。

必ず入るのはキャベツ。

イタリアでは黒キャベツがお決まりですが、日本だと黒キャベツはなかなか手に入らないので、ちりめんキャベツで代用できます。

キャベツは胃にやさしいので、胃弱の私にはうれしい限りです。

フィレンツェをはじめとするトスカーナでは、白インゲン豆を入れます。

豆も入れるとたんぱく質も摂ることができるので、栄養的にも優れモノ。

さらに、お米を入れることもできるので、そうすると、炭水化物も加わり、それだけで完璧な食事になります。

お米は、炊いたものを入れるのではなく、生のお米をミネストローネの中に入れて、煮ます。

時間はかかりますが、お米に野菜の味がしみこんで、やさしい味わいになります。

1度作ると、たくさんできるミネストローネ。

1回では食べきれないので、次の日はパスタの具にしたり、さらに次の日はリゾットの具にしたりすることもできます。

野菜たっぷりなので、ビタミンもたっぷり。

クリスマスから年末年始と、カロリーオーバーしていたので、年が明けてから、毎日のようにヘルシーなミネストローネを食べています^^

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!