イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
ピッツォケリ

蕎麦粉のパスタ「ピッツォケリ」で年越し

明けましておめでとうございます。

イタリアの年越しといえば、「チェノーネ」。

「大きな夕食」という意味で、1年で一番食べる日です。

レストランに行くと、ダブルフルコースで、食べきれないくらいの量のフィックスメニューが用意されています。

レストランでのチェノーネは、恐ろしくて行ったことがないので、いつも家で食事をしています。

大晦日になると、やっぱり年越しそばが恋しくなります。

でも、蕎麦だと、軽くて、「チェノーネ」という感じにならないので、蕎麦粉でパスタを打ちました。

蕎麦粉のパスタは、「ピッツォケリ」という北イタリアの名物パスタがあります。

じゃがいもとちりめんキャベツの具で、チーズとバターをたっぷり入れます。

蕎麦粉は、栄養価が高く、消化しやすいですが、ものすごい量のバターを入れるので、高カロリーになってしまいます。

バターは、胃への負担も大きいので、オリーブオイルで代用しました。

チーズをたっぷり入れるので、バターを入れなくても、おいしく食べることができました♪

年越し蕎麦ならぬ年越しパスタを食べて、大満足の年越しになりました。

ピッツォケリ

ちなみに、イタリアでは、カウントダウンの時に、スパークリングワインを開けるのがお決まりです。

3、2、1、ゼロ!と同時にポン!とコルクを開けて、乾杯します。

抜栓したら、当然飲むわけで、飲みながらパネットーネを食べたりします。

チェノーネに加え、0時にも飲むので、元旦はおなかいっぱいです。

毎年、元旦は断食状態なのですが、今年もやはり断食。

夜になって、ようやく少しお腹が空いてきました。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!