イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
ジェノヴェーゼペーストのパスタ

バジルといえばジェノヴェーゼペースト

昨日、フィレンツェ中央市場で買い物をしました。

バジルを使う予定だったので、八百屋さんで「バジルください」といったら、葉っぱの大きさはいつもの2倍くらいで、一束はいつもの4倍くらいありました。

 

私:「そんなにいらないのだけど。。」

八百屋さん:「今は一束がこの大きさなんだ。これはうちで育ててるものだから、おいしいから!ビオだし!」

私:「。。。。OK。。わかった、それでいいです。」

 

と、ワサっとしたバジル1束を買ってきました。

 

バジル

 

バジルは、次の日でもすぐヘタっとしてしまうので、すぐ使わないといけません。

 

けっこう使いましたが、まだまだ余っていたので、ジェノヴェーゼペーストを作ることにしまいた。

 

バジルの季節ということもあり、色も濃くて、とっても香りがいい!

 

 

ジェノヴェーゼペーストの本場のジェノヴァでは、大理石の乳鉢で作ります。

私は、胡麻用の小さなすり鉢しか持っていなく、それでかさばるバジルをすっていたら日が暮れそう。

ご法度なのはわかっているけど、ミキサーでガーっと混ぜました。

 

ジェノヴェーゼペースト

 

 

ジェノヴェーゼペーストは、料理教室の通訳のときに、何度も作りましたが、イタリアのマンマはいつも目分量。

私もいつも目分量ですが、まじめに作ろうとインターネットのレシピを検索しても、サイトによってかなり分量の割合が異なります。

 

 

私が作ったのは、こんな感じです。

【ジェノヴェーゼペーストのレシピ】

  • バジル 60g
  • パルミジャーノチーズ 30g
  • オリーブオイル 90g
  • 松の実 10g
  • 塩 小さじ1

 

パルミジャーノは、本来はこの倍くらい入れますが、バジルの味をメインにしたかったので、パルミジャーノは控えめです。

 

ニンニクを入れるジェノヴェーゼペーストもありますが、私はニンニク無し派。

 

かなりどろっとしているので、オリーブオイルをもっと入れたほうがよいですが、パスタにからめるときに追加すればOKなので、これで出来上がり。

 

早速、スパゲッティにからめました。

 

ジェノヴェーゼペーストのパスタ

 

 

やっぱりフレッシュなバジルはおいしい~~。

オリーブオイルも、おいしいものをつかったので、ますますおいしくできました。

火を通さないペーストは、やっぱり素材は大事ですね。

 

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!