イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
チコリのパスタ

イタリアの食卓で登場率の高い冬の野菜チコリ

いろいろある冬の野菜の中で、イタリアでポピュラーなものは「チコリ」。

イタリア語では「チコリア」です。

 

チコリ

 

日本でチコリというと、生で食べる白っぽい野菜ですが、イタリアのチコリはほうれん草くらいの大きさの緑の葉野菜です。

日本でいうチコリは、イタリア語では「インサラータ・ベルガ(「ベルギーのサラダ」の意)」と呼ばれています。

 

 

 

チコリは、独特の苦みが特徴で、いためてもゆでてもおいしく食べることができます。

 

この苦味が好きで、私は冬には頻繁に食べます。

 

 

 

今日作ったのは、チコリのパスタ。

 

チコリのパスタ

 

野菜の具は、ショートパスタと相性がよく、今日使ったパスタはキオッチョリーナ。小さなカタツムリという意味のパスタで、文字通りカタツムリのような形をしています。
パスタのくぼんだ部分に野菜が入り込んでくれて、ベストマッチです。

 

 

作り方は簡単。チコリをゆでて、炒めて、パスタとからめるだけです。

ほうれん草のような味に主張のない野菜だと、全体的にもまとまりに欠けた味になってしまうので、日本だったら春菊で代用できるのではないかと思います。

 

チコリのパスタのレシピ

材料(2人分)

  • ショートパスタ 160g
  • チコリ 約100g
  • オリーブオイル 大さじ2
  • ニンニク 1片
  • アンチョビ 2枚
  • パン粉 適量

 

作り方

  1. チコリをやわらかくなるまでゆでる。しぼらずにみじん切りする。
  2. フライパンにオリーブオイルとみじん切りのニンニクを入れ、弱火で熱する。
  3. ニンニクの香りが出てきたら、みじん切りにしたアンチョビと①を入れ、中火で炒める。
  4. パン粉を別のフライパンであぶる。
  5. ゆでたパスタと大さじ2のゆで汁を③入れ、中火でよく混ぜる。
  6. お皿に盛り付け、④をちらして出来上がり。

 

 

チコリの苦味とアンチョビの塩気の相性がよく、食欲をそそる1品です。

 

白ワインもすすみます♪

 

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!