イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
フィレンツェ

イタリア、コロナ禍クリスマスと年末年始の規則

12月3日20時半、テレビ生放送でイタリア首相令が発表されました。

 

クリスマスに向けて、そしてクリスマス、年末年始の規則が定められました。12月4日~1月15日まで有効です。

 

規則は、次の通りです。

  • 12月21日~1月6日は、州を越えての移動は禁止。
  • 12月25日、12月26日、1月1日は、市を越えての移動は禁止。
  • イタリア全土で22時~5時は、外出禁止。
  • 12月31日22時~1月1日7時は、外出禁止。
  • イエローゾーンの飲食サービスは、5時~18時営業可能。1つのテーブルに4人まで。
  • オレンジゾーン、イエローゾーンの飲食サービスは、テイクアウトのみ可能(5時~22時)。宅配サービスはそれ以外の時間でも許可。
  • 家庭での食事は、非同居者の招待を避けることを強く奨励。
  • 小売店は、12月4日~1月6日まで営業可能(21時まで)。
  • 土日祝日、祝日の前日は、市場、ショッピングモール、アーケード商店街は、薬局、食料品店、タバコ屋、新聞雑誌店以外は営業禁止。

 

 

これらは、いままでの規則の大枠と変わらないので、さほど新しいニュースではなく、驚きはありません。

クリスマスの25日、26日がロックダウンになるというところがポイントです。

でも、イタリアのクリスマスは、レストランで食事をする人たちもいますが、家で過ごす人が大半です。

通常、25日は小売店もレストランもどこも休業で、街は静かです。

家で大人数で集まることができないということを除けば、街の外観はそんなに変わらなそうです。

 

 

問題は元旦です。

イタリアでは、大家族で過ごすクリスマスと対象に、大晦日から元旦にかけては友だち、カップルと過ごすのが一般的です。

 

外で友だちと集まって、0時とともにスパークリングワインを抜栓してお祝いするのが習慣です。

爆竹が鳴り響き、スパークリングワインの瓶が割れる音、叫び声、とにかく大混乱です。

2021年は静かに迎えることになります。

 

2021年は穏やかな年になってほしいです。

(トップの写真は、フィレンツェのシニョーリア広場の回廊です。)

 

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!