イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
タコ

イタリアのタコのゆでかた

イタリアのタコは、1時間くらいゆでます。

ゆで時間が短いとゴムのようでまったく噛みきれません。

50分~1時間くらいゆでると、やわらかーくなります。

でも、やわらかーくするには、コツがあります。

 

 

フィレンツェでは、魚介1食分の値段が肉1週間分くらいの値段なので、魚はデイリーに食べる食材ではありません。

私もおもてなしや特別なときくらいしか魚介は食べません。

昨日は、ホムパだったので、タコにすることに♡

 

タコ1キロ↓↓

タコ

 

 

さて、タコをゆでるコツは、

  1. タコを常温に戻しておく。
  2. 大きな鍋に、タコがまるごと、タコがかぶるくらいの水、コルクを入れ、蓋をして弱火でゆっくりお湯の温度を上げていく。
    (お湯がたっぷりで弱火なので、沸騰するまで10分くらいかかります。)
  3. 沸騰したら弱火のまま50分くらいゆでる。(大きければ大きいほど時間がかかります。1キロで50分くらい)
  4. 楊枝でさして、やわらかくなっていたら、火を止め、冷めるまで放っておく。
  5. ぬるま湯くらいまで冷めたら、タコを取り出して出来上がり。

 

コルクは、ワインのコルクです。

コルクを入れなくても、このコツの通りにゆでればやわらかくなりますが、コルクを入れた方が確実にやわらかくなります。

 

 

食感は、ふわふわという感じです。

日本では、タコはちょっとコリコリした食感なので、ふわふわしたタコというのに最初は違和感がありましたが、住めば都(?)。慣れればおいしいです。

日本のコリコリしたタコは、噛むのに時間がかかって消化にも悪そうなので、今ではやわらかいタコのほうが好きかも。

 

 

ゆでたタコをさっとオリーブオイルで炒めました。

 

タコとマンゴーソース

 

ソースは、マンゴーソース。

これは、以前にアペリティーヴォをしたときにレストランで食べたタコにかかっていたソースを再現してみました。

 

マンゴーソース(2人分)

ミキサーにかけたマンゴー 大さじ3
オリーブオイル 大さじ2
レモン汁 小さじ1
マスタード 小さじ1/4
塩 少々

 

ワインは泡♡

 

日本のタコをイタリア式でゆでるとどうなるのでしょうか。

日本に行ったら試してみたいです。

 

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!