イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
鶏のフリット

イタリアのフリットとは?フライや天ぷらと違う?

イタリア語で「揚げもの」は「フリット」。

日本でもなじみのある言葉だと思います。

フリットはフライのことか?もしくは天ぷらのことか?それとも唐揚げのことか?

フリットは、フライでも天ぷらでも唐揚げでもありません。

フライは、小麦粉→卵→パン粉を順につけて揚げます。

天ぷらは、小麦粉と水を合わせた液につけて揚げます。

唐揚げは、小麦粉や片栗粉をまぶして揚げます。

フリットは、小麦粉をつけたあと、卵を泡立てたメレンゲをつけて揚げます。

でも、メレンゲを作るのは、少々面倒です。

そこで、家庭では、メレンゲを作らずに、天ぷらのように作られることが多いです。

ただ、水の代わりに、ビールを使います。
ビールの炭酸が衣をふわっと仕上げてくれます。

ビールがないときは、炭酸水で作ったりもします。

もっとふわっと仕上げたいときは、ベーキングパウダーを入れたりもします。

かりっと仕上げたいときは、オリーブオイルを少しいれたりします。

ただ、この「フリット」という言葉はちょっとやっかいで、素揚げのときも「フリット」といいます。

ナスの素揚げや、フライドポテトも「フリット」です。

さらには、揚げてないのに、目玉焼きも「フリット」です。

イタリアの料理用語は、難しい。。

私は、普段は揚げものを食べないので、めったに揚げる作業をすることがないのですが、鶏のフリット作ってみました。

↓↓小麦粉、メレンゲをつけて、鶏の手羽先を揚げました。

鶏のフリット

おいしいけど、やっぱり揚げものはヘビーですね。

思いきり運動をしたときのごほうびです。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!