イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
アルフレドのフェトチーネ

アルフレドのフェトチーネとは?

ローマにあるレストランのオーナー、アルフレドが作ったパスタ「アルフレドのフェトチーネ」。

 

フェトチーネは、きし麺のような平たい卵入りパスタで、バターとパルミジャーノを混ぜただけのシンプルなパスタ料理です。

 

なぜ有名になったかというと、話は1914年まで遡ります。

 

アルフレドが、妊娠中の奥さんのために、エネルギッシュな料理を作ろうと作ったのが、このパスタでした。

とてもおいしかったので、彼女はアルフレドに、レストランのメニューに入れることをすすめ、このパスタは、レストランの名物料理になりましたが、ある日、ハリウッドスターが、この料理を食べた時に絶賛しました。

そして、彼らは、金のスプーンとフォークをアルフレドにプレゼントしたのです。

それ以来、このシンプルなパスタは、超有名になったのでした。

 

 

先日、テレビのニュースで、このアルフレドのパスタが紹介されていたので、食べたくなり、作ることにしました。

 

材料は、パスタとバターとパルミジャーノだけなので、本当にシンプルです。

コツは、混ぜかた。

 

温めておいた大きなお皿の上に、バターをぎゅっとつぶしておきます。

ゆであがったパスタと、少しのゆで汁と、パルミジャーノを加えて、フォークとスプーンを使って混ぜます。

全体的にクリーミーになったら完成です。

アルフレドのフェトチーネ

 

シンプルなだけに、材料がものをいうので、バターはおいしいものを使うこと。

パスタは、手打ちすること。

 

パスタを作るのは面倒という人は、市販のものでも大丈夫ですが、その時は、生パスタの方がよいです。

生のパスタの方が、パスタがバターの味に負けないので、よりおいしいです。

バターは、味が強いので、パスタの味が負けてしまうと、単にバターを食べているような、あまり美味とはいえない料理になってしまう可能性があります。

 

私が作った量は、下記です。

人数分を掛け算してくださいね。

【材料】1人分

バター 25g
パルミジャーノ 15g

 

バターは、脂肪分が多く、胃にはよくないので、私はひかえめにしましたが、バターをたっぷりにすると、コクがでます。

 

最近は、胃も元気になってきたので、ひさしぶりにバターを使った料理を食べましたー。

 

バターの味がしっかりしているので、ワインも負けないよう、リースリングを合わせました♪

 

たまには、こってりした料理もいいですね♡

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!