イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
古代小麦パン

古代小麦でパン作り

最近注目されている「古代小麦」。

グルテンアレルギーの人でも、アレルギー反応が出ないと話題になっています。

現代のスーパーマーケットで売られている安価な小麦粉は、品種改良を繰り返した小麦からできています。農薬に強く、収穫量が多くよう考えられた小麦なのです。

イタリアでは、パスタ、パン、ピッツァは欠かせません。

近年、グルテンアレルギーをもつ人が増加してきたといわれています。

昔から小麦を大量に食べてきたのに、グルテンアレルギーの人が増えてきているということは、「小麦に問題がある」ことに注目されているわけです。

古代小麦は、農薬に弱いために、無農薬で作られることが多いようです。

フィレンツェでは、Eatalyやビオ・スーパーで古代小麦が売られています。

どちらもやはり無農薬の「ビオ」マークがついていました。

私は、いつも、無農薬の全粒粉でパンを作っています。
古代小麦を使ったことがなかったので、買ってみることにしました。

値段は、1キロ4ユーロくらい(約500円)。

無農薬の全粒粉と値段はあまり変わりません。

スーパーの普通の薄力粉は、1ユーロくらいですから、約4倍です。

見た目は、真っ白ではなく、少しだけ茶色がかった色ですが、全粒粉ほど茶色ではありません。

古代小麦

イタリアでは、小麦の精製度は数で表されます。

「00」が、精製度が一番高いもので、いわゆる薄力粉。
「0」が中力粉くらい。その次が「1」。
スーパーで見かけるのは、「00」「0」「1」で、あまり「2」は見かけません。

買ってきた古代小麦は、「2」でした。というか、「2」しかありませんでした。

ちなみに、「軟質小麦」と書いてありました。

日本でいう強力粉は硬質小麦ですから、古代小麦は強力粉というわけでもありません。

早速、古代小麦でパンを作ってみました。

まずは、丸パンを作ってみることにしました。

古代小麦パン
古代小麦パン

小麦粉自体はそんなに茶色くないのに、焼いたら茶色くなりました😲

まるでコーヒーパンのように茶色い。。

普通の小麦粉に比べると、ふくらみが少なかったです。(私の腕が足りないということもありますが)

味はというと、、、

すごくおいしいです!

小麦自体にあまみがある感じで、味に深みがあります。

なにもつけずにパンだけ食べても、とってもおいしいです。

そして、あとから気づいたのですが、消化がよいです。

朝、同じ量のパンを食べたら、いつもより早く消化しました。

体がキレイになる感覚があるので、しばらく続けてみようと思います。

※すべての人にアレルギー反応が出ないというわけではありませんので、グルテンアレルギーの人は、注意してください。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!