イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
リンゴのケーキ

復活祭(イースター)のお菓子

今日はイースター。

 

毎年、フィレンツェの伝統行事の「山車の爆発」を見に行ってから、イースターのランチを食べるというが習慣でした。

でも、今年は、コロナウイルスの影響で、伝統行事は中止になりました。

 

唯一オープンしているスーパーやパン屋さん、薬局なども今日はすべて休み。

 

本当に静かなイースターです。

 

 

4月13日までだったロックダウンは、5月3日までに延期されました。

 

本屋、文房具屋、子ども服の店は営業できることになりました。ロンバルディア州は、これらの店もまだクローズとのことなので、州により異なるようです。

 

まだまだ長期戦になりそうです。

 

 

イースターには、伝統菓子のコロンバが欠かせないのですが、買うのを忘い損ねてしまいました。

 

コロンバは、アーモンドがのったスポンジケーキのような菓子パンのような大きなお菓子で、それ自体は特に好きではないですが、伝統のお菓子なので、コロンバがないと、お正月におせち料理がないような感覚になります。

 

スーパーに行ったのは、10日前だったのですが、その時は、「復活祭はまだ先だし」と思って買いませんでした。閉店直前に行ったため、あまり時間がなく、他のものを買うのに精いっぱいだったということもあります。

 

昨日、コロンバを買ってないことを思い出しましたが、イースター前日ということで、スーパーは朝早くから長蛇の列で、2時間待ちと聞きました😨

 

しかたないので、あきらめました。。

 

 

なので、コロンバの代わりに、自分でお菓子を作ることにしました。

家にある材料でできるリンゴのケーキを作りました。

 

リンゴのケーキ

 

リンゴのケーキは、さまざまな作り方がありますが、ちょっと厚みを出したかったのと、バターを入れたくなかったので、下記のレシピにしました。

 

【リンゴのケーキのレシピ】

材料

  • 卵 2個
  • 小麦粉 200g
  • 砂糖 130g
  • リンゴ 2個
  • オイル 120g
  • 牛乳 120g
  • ベーキングパウダー 10g
  • シナモン 適量
  • 上にかける用の砂糖 大さじ1

 

作り方

  1. リンゴ1個は、皮をむいて角切りにする。残りの1個は、皮をむいてうすく切る。
  2. 小麦粉とベーキングパウダーを一緒にふるっておく。
  3. 卵と砂糖を泡だて器で混ぜる。
  4. 小麦粉、オイル、牛乳を少しずつ入れて混ぜる。
  5. 角切りにしたリンゴとシナモンを入れて混ぜる。
  6. ケーキ型に入れて、うす切りにしたリンゴを上に並べ、砂糖大さじ1をパラパラとかける。
  7. 180度のオーブンで約50分焼く。

(今日は、シナモンを中に入れるのを忘れたので、焼く直前に上にかけました汗)

 

リンゴのケーキ

 

とってもおいしくできたので、コロンバがなくても、OKということにしました☺

 

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!