イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
フィレンツェのドゥオーモ

~イタリアコロナウイルス状況~ほとんどの店舗が休業になりました

3月11日、イタリアでは、コロナウイルス感染拡大阻止の対策として、3月12日からイタリア全土で、生活必需品、薬局をのぞく、すべての商業および小売り販売は休止となりました。

 

食料品店、スーパーマーケット、タバコ屋、キオスク、薬局、クリーニング屋、銀行、郵便局はオープンしています。

 

レストラン、バール、衣料品店は休み。

 

これによって、フィレンツェの街に静まり返りました。

 

中心街の歴史地区は、8割がた観光業といっても過言ではありません。

私は、ドゥオーモから徒歩2分くらいのところに住んでいるのですが、自宅の周りは、B&Bや民泊、レストラン、バールだらけ。

住んでいるのは、数人のみです。

 

 

冷蔵庫がカラになったので、午前中に中央市場に行ってきました。

静まり返っているドゥオーモを通り、中央市場へ。

 

フィレンツェのドゥオーモ

一人しか歩いていません。。😨

 

ドゥオーモの近くのいくつかのバールでは、大量の食料を破棄していました。

昨日の夜に、突然「明日から閉店!」と命令がくだったのですから、当然、店を閉める準備はしていません。

不要になった食料を捨てているバールの人たちを見て、かなしくなりました。

 

さて、中央市場は、食料を売っているので、もちろん営業していますが、オープンしていたのは、肉屋、魚屋、八百屋、パン屋のみ。

フィレンツェ中央市場

ワインや乾物のお店は閉まっていました。

 

買い物客が思ったより少なく、ガラガラでした。

中心街には、あまり住人がいないという証拠ですね。。

いつもは、市場周辺のレストランの人たちが、材料の仕入れに来ていますが、もちろんレストランの人たちもいないし。。

 

町全体が殺伐とした雰囲気です。。

 

町の中は、ケーキ屋さんも開いていません。

ケーキ屋さんは、カフェテリアとセットになっているところがほとんどなので、休みということになります。

 

パン屋さんは開いているので、パン屋さんで焼いているクッキーなどの焼き菓子は買うことができます。

スーパーマーケットにも、お菓子類は売られていますので、スイーツがまったく手に入らないわけではないのですが。

ジェラート屋さんもしかり。

ジェラート屋さんも休みになりました。ジェラートもスーパーで手に入りますが、ジェラート屋さんのジェラートと、スーパーのジェラートは別物です。

 

私は、お菓子は、手作りをしているので、スイーツの調達には困らないのですが、お菓子を作る元気も薄れている感じです。

凝ったお菓子を作る気力がなかったので、シンプルなシフォンケーキを作りました。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!