イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
イタリアのコンビーフ

イタリアのコンビーフとは

コンビーフというと、牛肉を塩漬けにした食品のことで、缶詰で売られているのが一般的です。

イタリアでは、いわゆるコンビーフはありません。

 

その代わりに、「缶詰の肉」と呼ばれる肉があり、プルプルとしたゼリー状に固められた肉が缶詰に入っています。

 

塩漬けではないので、コンビーフのように塩はきつくありません。

 

私は、コンビーフはちょっと苦手。。

なんだかドッグフードの味がするような気がして、得意ではありません。

もちろん犬のエサは食べたことはありませんが(笑)

食べず嫌いなのはわかっているのですが、ドッグフードと香りが似ているのでやっぱり苦手です。。

 

 

イタリアの「肉の缶詰」は、牛肉をブイヨンで長時間ゆでたものをブイヨンと一緒にゼリー状にしたものです。

なので、ブイヨンの香りがします。

でも、缶詰に入っているので、やっぱり特有のちょっとドッグフード的な香りがします。

 

使っている肉は赤身で脂肪分も少なくヘルシーです。

 

時間がないときや、火を使うのが暑い夏は重宝します。

でもやっぱりちょっと香りが苦手なので、自分からすすんで買うことはありません。

 

赤身だし、ヘルシーだし、良質のタンパク質を気軽にとるにはいいなと思うので、私は自分で作ります。

 

 

牛すね肉と玉ねぎ、ニンジン、セロリをたっぷりの水にいれてコトコトゆでるだけです。

2時間くらいゆでて、最後に塩を入れます。

 

肉は細かく切って、ブイヨンにはゼラチンを入れます。

肉とブイヨンをココットに入れて冷やし固めます。

 

イタリアのコンビーフ

 

これなら、ドッグフードの香りもしないので、おいしく食べることができます♪

レタスを添えて、サラダプレートにして食べることが多いです。

 

冷蔵庫から出してすぐは冷たいので、食べる1時間前くらいに常温にもどしておくとよいです。

冷たいからといって、電子レンジを使わないこと!

あたりまえですが、ゼリーが溶けてしまいます。

 

 

大量にできますが、難点は日もちしないということです。

 

1週間くらいはもちますが、毎日こればかり食べるわけにもいきません。

冷やし固まったら、余りそうなものはココットのまま冷凍します。

自然解凍すれば、元通りになります👍

 

 

作り置きしておけば、時間のないランチにとっても便利です♪

 

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!