イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
チキンのハーブ焼き

ハーブたっぷりで鶏ムネ肉もおいしくなる

鶏ムネ肉は、さっぱりしているので、味気ない感じになってしまうこともありますが、ハーブを使うと格段においしくなります♪

イタリアでは本当によくハーブを使います。

ハーブを使うと、鶏のムネ肉も、香り高くなります🌿

シンプルですが、ハーブの香りが広がり、おいしく食べることができます。

単なるソテーでもワインが飲みたくなる味になるのです♪

使うハーブは、ローズマリー、セージ、ドライオレガノは基本。

それにシブレットやタイムをプラスしてもOK~。

ハーブの香りたっぷりなので、冷めてもおいしいです♪

チキンのハーブ焼き

チキンのハーブ焼きのレシピ

材料(2人分)

鶏ムネ肉(厚めのスライス) 2枚(約300g)
ローズマリー 1本
セージ 1枚
ドライオレガノ 小さじ約1/2
ドライシブレット 小さじ約1/2
ドライタイム 小さじ1/4
オリーブオイル 大さじ2
レモン汁 大さじ1
塩胡椒 適量

作り方

① オリーブオイル大さじ1、レモン汁、塩胡椒を混ぜ、鶏肉になじませる。
② ローズマリーとセージをみじん切りにし、オレガノ、シブレット、タイムと合わせて、①にまんべんなくつけ、オリーブオイル大さじ1を熱したフライパンで焼く。
③ 両面を焼いて、火が通ったら出来上がり。

シンプルな鶏肉には、白ワインをペアリング。

ハーブたっぷりなので、ワインもハーブの香りのするものをチョイス。

カジュアルな料理なので、イタリアでは地元の白ワインを合わせる感じなので、トスカーナでは、ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノを❤

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!