イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
キャロットケーキ

オレンジケーキと呼んでいるキャロットケーキ

イタリアでは、料理にあまりニンジンが登場しません。

ニンジンは、「玉ねぎ&ニンジン&セロリ」の組み合わせで、たいてい香味野菜として使われます。ミートソースに使ったり、ブイヨンを作ったり。

でも、付け合わせの野菜としてニンジンを単独で食べることはめったにありません。

ニンジンを使った料理も少ないです。

あえていえば、夏に、生で食べます。ポリポリそのまま食べたり、サラダに入れたり。

私は、生のニンジンがあまり得意ではないので、卵焼きに入れたりして、いつも残ったニンジンをなんとかして消費しいます。

一方、キャロットケーキはとってもポピュラーです。

野菜として食べない分、デザートとして使うことができるので、ニンジン消費にはうれしい。

というわけで、キャロットケーキを作りました。

私は、オレンジを入れて、いつも「オレンジケーキ」と呼ぶことにしています。

野菜のケーキより、フルーツのケーキのほうが聞こえがおいしそうだから、という理由です^^

ニンジンが苦手な人もこれなら食べることができますよ☺

混ぜて焼くだけなのでとっても簡単☺

オレンジケーキ(キャロットケーキ)のレシピ

材料(1台分)

ニンジン 250g
オレンジ 1個
卵 2個
砂糖 100g
植物オイル 100g
小麦粉 150g
アーモンド 100g
ベーキングパウダー 16g
シナモン 少々
粉糖 適量

作り方

① アーモンドをフードプロセッサーで撹拌する。
② ニンジンの皮をむき、フードプロセッサーで撹拌する。
③ ボウルに砂糖、卵を入れ、ハンドミキサーで混ぜる。
④ 植物オイル、すりおろしたオレンジの皮、オレンジの汁を③に入れ、さらに混ぜる。
⑤ アーモンド、ふるった小麦粉とベーキングパウダー、シナモンを④に入れ、さらに混ぜる。
⑥ ケーキ型に(24センチ)入れ、180度のオーブンで約40分焼く。
⑦ 焼き上がって、冷めたら粉糖をかける。

ディナーの後に、デザートワインと一緒に♡

もしくは、エスプレッソと一緒に朝食やおやつに☕

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!