イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
生ハムカルボナーラ

生ハムカルボナーラ

カルボナーラに必須な材料は、グアンチャーレとペコリーノ・ロマーノ。

カルボナーラは、パワフルで風味のある料理ですが、かなりヘビーです。

私にとって、カルボナーラはけっこう胃にもたれるので、風味はそのまま、少しライトに、グアンチャーレの代わりに生ハムを使ってカルボナーラを作りました。

グアンチャーレはかなり脂肪分があります。

その脂肪分が旨味成分でもあるのですが、やはりヘビー。

生ハムを使うことによって脂肪分を減らし、ライトにしました。

脂肪分が少ないとはいえ、生ハムも豚肉ですので、炒めるとオイルは出てきます。そして旨味成分たっぷりなので、風味は損なうことはありません。

ペコリーノ・ロマーノは、生ハムと合わせるには塩気が強すぎるので、よりマイルドな通常の熟成したペコリーノを使いました。

ペコリーノと生ハムの組み合わせがたまりません!

作り方は、通常のカルボナーラと同じで、グアンチャーレを生ハムに、ペコリーノ・ロマーノをペコリーノ・スタジョナートに代えただけです。

ペコリーノの代わりにパルミジャーノでもOK👍

生ハムカルボナーラ

生ハムカルボナーラのレシピ

材料(2人分)

スパゲッティ 160g
卵 卵1個と卵黄1個分
生ハム 70g
ペコリーノ・スタジョナート 50g
白ワイン 1/4カップ
黒胡椒 適量

作り方

① 生ハムを約1センチに切る。
② フライパンに生ハムを入れ、弱火で炒める。
③ 生ハムがカリカリになったら、フライパンから取り出す。
④ 生ハムから出た脂が残っているフライパンに白ワインを注ぎ、アルコールを蒸発させる。
⑤ ボウルに、卵、ペコリーノ、胡椒を入れ、かき混ぜる。
⑥ パスタをゆで、ゆでたパスタを④に入れ、混ぜる。
⑦ ⑥の火を止めて(または弱火)、⑤と少量のゆで汁を加え、③を入れ、混ぜる。とろっとしたら出来上がり。

アレンジ料理のペアリングワインは、お好みでアレンジOK♪

本来のカルボナーラなら、フラスカーティをペアリングするところですが、生ハムカルボナーラは脂肪分がより少なく、よりマイルドな味わいなので、シャルドネがしっくりきます。

もしくは、シャルドネの泡であるフランチャコルタ、またはトレントDOC♡

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!