イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
ボッコンチーニ

ワインに合うおつまみ ポテトとほうれん草のボッコンチーニ ゴルゴンゾーラとリコッタソース

ひとくちで食べることができるおつまみのことを、イタリア語で「ボッコンチーニ」といいます。

「ボッコーネ」が「ひとくち」という意味で、「チーニ」は「小さい」という意味。

丸くても、四角くても、三角でも、ひとくちサイズなら、ボッコンチーニです。

フィンガーフードより狭義で、「ぱくっ」と食べることができるもののみがボッコンチーニです。

小さなグラスに入っていてスプーンですくって食べるフィンガーフードは、ボッコンチーニではありません。

ボッコンチーニの説明が長くなりましたが、「ワインに合うおつまみを作ろう!」と、ボッコンチーニを作りました。

ポテトとほうれん草のボッコンチーニ。

チーズソースをトッピングするといっきにイタリアンなおつまみになります。

ポテトとほうれん草のボッコンチーニ ゴルゴンゾーラとリコッタソースのレシピ

材料(12個分)

ジャガイモ 300g
ほうれん草 100g
卵 1個
小麦粉 大さじ1
ニンニク 1片
オリーブオイル 大さじ1
塩胡椒 適量
アーモンド 70g
ゴルゴンゾーラ・ドルチェ 40g
リコッタチーズ 80g
牛乳 20ml

作り方

① 鍋に水とジャガイモまるごとを入れ、約30分ゆで、ゆであがったら皮をむき、マッシャーでつぶす。
② フライパンにオリーブオイルとつぶしたニンニクを熱し、ほうれん草を炒める。ニンニクを取り除く。しぼって水分を取り除き、みじん切りにする。
③ ①と②、卵、小麦粉を混ぜ、塩胡椒をする。
④ ③をひとくちサイズにまるめて、粗みじん切りしたアーモンドをまわりにつける。
⑤ 180度のオーブンで約20分焼く。
⑥ ゴルゴンゾーラ、リコッタチーズ、牛乳を小さな鍋に入れ、かき混ぜながら弱火で熱する。
⑦ 小さな器に⑥を入れ、⑤を盛りつけて出来上がり。

合わせるワインは、トレンティーノ・アルトアディジェ州のゲブルツトラミネールがおすすめ。

ゴルゴンゾーラの塩気と、ゲブルツトラミネールのアロマがマリアージュします♡

「これぞイタリアゲヴュルツトラミネール!」というトラミンのゲヴュルツトラミネール↓↓↓↓

【6本〜送料無料】アルト アディジェ ゲヴュルツトラミネール 2019 ケラーライ トラミン 750ml [白]Alto Adige Gewurztraminer Kellerei Tramin

ワインのおともにぜひ作ってみてください♪

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!