イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
ココアとピスタチオのビスコッティ

ココア&ピスタチオのビスコッティ

イタリア、フィレンツェの定番お菓子といえば、「カントゥッチ」。ビスコッティとも呼ばれるかたいクッキーで、フィレンツェの近郊プラート発祥のお菓子です。

今回は、通常のカントゥッチをアレンジしました。

通常は、アーモンドが入るのですが、その代わりにピスタチオ入れました。

ピスタチオに合わせて、ココア味にしました。

ココア味とピスタチオはとっても合います!

ビスコッティというと、甘くて素朴で庶民的というイメージのお菓子ですが、これはココアのビターな味わいが加わり、ピスタチオのデリケートな味わいも相まって、ちょっと上品なビスコッティになりました。

そうはいっても、バターが入らないので、やっぱりシンプルな味わい。

カントゥッチは、バターが入らないため、翌日にはかたくなります。

やわらかさを保つためにバターを入れるレシピもあります。

レストランのシェフの料理教室では、シェフは「バターを入れるとやわらかく、おいしくなる」と言ってバターを入れていました。

一方、イタリアン・マンマの料理教室では、マンマは「カントゥッチにはバターは入らない!それが伝統!」とかたくなにバター入りを否定していました。

どちらが正しい、誤っている、というよりは、好みで調整するのがよいと思います。

私はイタリアン・マンマの教えにしたがって、バターを入れないレシピで作りました。

ココアとピスタチオのビスコッティ

ココア&ピスタチオのビスコッティのレシピ

材料(25個分)

小麦粉 200g
卵 2個
ブラウンシュガー 150g
ココアパウダー 50g
ベーキングパウダー 小さじ1
ピスタチオ 100g

作り方

① ボウルに小麦粉、砂糖、ココアパウダーを入れ、混ぜる。
② 卵を①に入れ、混ぜる。ピスタチオを入れる。
③ 台の上に②をこねる。
④ ③をふたつにわけて、長い棒状にする(幅5センチくらい、高さ1.5センチくらい)。
⑤ 180度のオーブンで約30分焼く。
⑥熱いうちに、約1.5センチ幅でななめに切る。

カントゥッチといえば、ペアリングワインはなんといってもヴィンサント。

でも、シチリア産のピスタチオが入ったので、ワインもシチリア産の甘口ワイン、パッシート・ディ・パンテレリアがマッチ♡

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!