イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
カボチャのリゾット

カボチャのレシピいろいろ

ハローウィンの季節になると、イタリアでは、いろいろな種類のカボチャが出回ります。

ウリのような細長いカボチャ、何キロあるかわからないような巨大カボチャ、丸いカボチャ、などなど。

細長いカボチャは、水分が多くて、味があまりないので、私は日本のカボチャのような丸くて小さいものが好きです。

カボチャは、ビタミンCが豊富で、カロチンが含まれているので、アンチエイジングによし!

味も大好きで、この時期は、とにかくカボチャをよく食べます。

幅広いレシピに使えるので、飽きません。

前菜だったら、キッシュやスフレ、プリモだったら、リゾット、パスタ、ニョッキにもなりますし、デザートにもなります。

やわらかくしたカボチャと卵、牛乳、パルミジャーノチーズを混ぜて、お湯をはったオーブンで焼けばスフレの出来上がり。

カボチャのスフレ

リコッタチーズを少し入れるとふわふわになります♡

リゾットは、カボチャとポロネギを炒めて、ミキサーでカボチャペーストを作っておいて、リゾットを作るときに、それを混ぜるとなめらかに出来ます。

カボチャのリゾット

イタリアのレシピを見ていると、角切りにしたカボチャを炒めて、リゾットを作るレシピが多いのですが、クリーミーなったカボチャの方が好みなので、ペースト作ってから混ぜています。

ポロネギも、あま味があるので、ニンニクや玉ねぎではなく、ポロネギを使うとやさしい味になります。

これは、私が胃が痛くて、ニンニクと玉ねぎを食べれなかった時期に、ポロネギで作ってみたらおいしくできたので、それ以来、カボチャ&ポロネギは、私の王道になりました。

胃にやさしくてオススメです♡

ちなみに、カボチャの皮ですが、日本だと、皮ごと煮ますが、イタリアのカボチャの皮は、どうもおいしくないです。

皮の方が、栄養価が高いことはわかってはいるのですが、いろいろな種類いろいろなカボチャを試して、皮ごと使ってみたり、皮だけオーブンで焼いてチップスにしてみたりしてみましたが、どれもおいしくなく、食べるのをやめました。。

だれか皮のおいしい食べ方を知っていたら、教えてほしいです。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!