イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
zoom

Zoomで気をつけたい服装、髪型、メイク

コロナ禍、Zoomを利用する機会が多くなりました。

 

ロックダウンは解除されたとはいえ、もはやノーマルになったZoomミーティング。

Zoomでの、会議や打ち合わせ、ツアーをやって、服装、髪型、メイクで気をつけたいことをまとめたいと思います。

 

重要だと思った順に、トップ5をご紹介します!

 

1.白い服を着る

Zoomの画面は少し暗くうつるので、白いトップスを着ること!

黒いトップスを着ていると、顔全体が暗くみえます。

私の場合は、黒髪ということもあり、余計暗くみえて、暗い印象になるのと、顔色が悪くなります。

なので、白い服を着るようにしています。

 

2.アイシャドウはピンク系にする

私は普段、目がひきしまるので、ブラウン系のアイシャドウをしていますが、Zoomだと目元が暗くなります。

ピンク系は、目が腫れているようにみえて、いつもは避けているのですが、Zoomの場合はピンク系のほうが明るくて顔全体が明るくみえます。

普段は使わない色を使うようになって、ちょっとうれしい♪

 

3.マスカラはしない

マスカラをすると、目の下に影ができて、クマのようにみえます。

なので、ビューラーのみで、マスカラはしません。

ビューラーもなくてもいいかな、と思っているくらい。

 

4.襟に気をつける

これは人によると思いますが、私は、首筋が浮き出ているので、クルーネックのトップスを着ると首筋が強調されて老けてみえます。

Zoomでは、胸の上くらいまでしかうつらないので、顔の次に首に目がいきます。

話すとき、首はけっこう動くのです。

話すたびに、首の筋が浮き出て、クルーネックだとそれがよくみえます。

Vネックだと、デコルテの範囲が広くなりますが、首元の範囲は狭くなるので、首の筋は目立ちません。

自分が見えやすいようなPCの角度にすると、少し下からのアングルで顔がうつるので、普段はあまり気にしない顎の下あたりがみえることがあり、首が意外とみえます。顎の下あたりから首にかけては要注意です。

 

5.髪はアップにする

真っ白いトップスを着ていれば、髪をおろしていてもいいと思いますが、アップにしたほうが、顔全体が明るくなります。

ショートカットの人は気にしなくてよいですね^^

 

おまけ. 下半身注意

下半身はみえないからと、ボトムは部屋着でZoomをしたこともありますが、ちょっと立ち上がったときにみえることがあります。

ボトムも気を抜かないこと!

 

 

これらは、あくまでも私の個人の意見です。

人によって異なると思いますが、思いあたることがあったでしょうか??

 

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!