イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
ニット

イタリアのクリーニング屋

イタリアのクリーニング屋さんってどうなの??

私はイタリアのクリーニング屋さんで何度も失敗しています。

今回は、イタリアのクリーニング屋さんの失敗談をご紹介します。

フィレンツェの街なかには、いくつもクリーニング屋さんがありました。

それが、数年前から、フィレンツェは「観光の街」と化して、どんどんクリーニング屋さんがなくなっていきました。

ドゥオーモの近くは、生活する人がどんどん減り、観光客ばかりになったので、観光客が利用しないお店は次々と消えていったのです。

クリーニング屋さんもそのうちのひとつ。

クリーニング屋さんがなくなったあとは、パニーノ屋さんなど、飲食店になっていきました。

街なかにあったクリーニング屋さんは、お店内でクリーニングをして、アイロンをかけるという個人経営の商店でした。

丁寧に洗ってアイロンをかけてくれていたので、とっても気に入っていました。

それが、ひとつなくなり、ふたつなくなり、とうとう家の近くのクリーニング屋さんは全部なくなってしまいました。

そこで、利用し始めたのは、郊外のクリーニング屋さん。

チェーン店なので、店内でクリーニングするのではなく、まとめられて洗われるクリーニング屋さんです。

失敗談は、次の通り。。

縮んだ!

ニットをクリーニングに出したときに、少し縮んでできあがってきました。

もともと大きめなニットだったので、ちょうどよくなったくらいで気にしていませんでしたが、2回目にクリーニングしたら、また縮んでかなりきつくなってしまいました。

しかも、丈が15センチくらい縮んだ😨😨😨

気に入っていたのに。。

丈が短くなりすぎたので、もう部屋着にするしかなくなりました。。

ファスナーが壊れた!

ジップアップのニットをクリーニングに出したときに、ファスナーが壊れてしまいました。

ファスナーがうまくかみ合わなくなってしまって、ファスナーを閉めることができなくなってしまいました。

しかたなく、手芸屋さんでファスナーを購入して付け替えました。

ファスナーが壊れたのは今までで3回。ニットが2回、コートが1回。。

ファスナーがおしゃれなものもあったのに。。

ファスナーの引手が変色した!

ジップアップのニットをクリーニングに出したときに、ファスナーの引手が変色してしまいました。

シルバー色が赤っぽくなってしまいました。

磨いてみましたが、きれいにならず。。

ブランドネームが入っていて、大きめの引手で、それがポイントになっているニットでもあったので、ちょっとショック。

遠くから見れば目立たないので、そのまま着ています。。

ボタンが欠けた!

ボタンのニットをクリーニングに出したときに、ボタンのふちが欠けました。

これは頻繁にあることで、貝ボタンはよく欠けます。

ブランドネームが入っているボタンや、換えのきかないようなおしゃれなボタンのときは、店員さんからも「ボタン取り外しておいたほうがいいわよ」といわれます。

今は、大切なボタンの場合は、ボタンを取り外してからクリーニングに出すようにしています。
また縫い付けなくてはいけないので、面倒です。。

凸凹が平らになってしまった!

これは唯一、個人商店のクリーニング屋さんで起こった出来事。

フラワー柄のエンボス加工が施してあるジャケットをクリーニングに出したときに、アイロンが強かったのか、平らになっていました!

凸凹がおしゃれな布だったのに、平らになっては単なる黒のジャケットです。。

丁寧にアイロンをかけるがために、かけすぎたのでしょうか。。

イベントのときなど、いざというときに着ていたおしゃれ着だったのですごいショック!

どうすることもできないので、そのまま着ていますが。。

自分で洗うことができるものは自分で洗うので、クリーニング屋さんにもっていくのはおしゃれ着やコート。

なので、失敗するとかなりショックです。

いいクリーニング屋さんを見つけたい。。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!