イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
マグロのステーキ

生のマグロはめずらしい

フィレンツェのスーパーや市場で売られている魚は、たいてい「解凍」ものです。

「生のマグロがあるんだ!めったに入ってこない!」

と、フィレンツェの市場の魚屋さんに言われ、おもわず買ってしまいました。

商売上手な魚屋さん。

ただし、「生」だからといって、生のまま食べることができるわけではありません。

「グリルで食べてね」

と、魚屋さんに言われたとおり、グリルにして食べました。

鉄板でグリルしました。

以前、レストランで「マグロのステーキ」をたのんだら、こんな感じでした☺

生のままだとちょっと怖いので、中までしっかり火を通しました。

イタリアでは、レストランで生魚を提供するときは、冷凍しなくてはいけないと決まっています。

ブラストチラーで魚を急速冷却しなければならず、最低24時間冷凍しなければなりません。そして、解凍して提供されます。

急速冷却することで細菌が死滅し、安全に食べることができるからです。

それでも、エビのカルパッチョに私はアタりましたが。。

それ以降、生魚には気をつけるようにしています。

フィレンツェでは、牛肉のTボーンステーキより、マグロのステーキのほうがはるかに高級です。

贅沢なディナーでした♡

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!