イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
魚介のパスタ

フィレンツェでは魚は特別な日に食べる

魚はめったに食べることがないフィレンツェ。

フィレンツェは内陸なので、伝統的に肉文化。

肉の名物料理はたくさんありますが、魚の名物料理はまったくといっていいほどなく、あえていうとバッカラ(干し鱈)。

魚とはいえ、干してあるので、やっぱり保存食になってしまいます。

フレッシュな魚とは縁のないフィレンツェですが、流通もスムーズな現代、最近は魚のレストランもブームになっています。

そうはいっても、魚は肉より、値段がかなり高いので、デイリーな食材ではありません。

私は、日本にいた頃は、毎日魚を食べていて、肉は1か月に1回くらいという食生活でしたが、今はそれが逆転して、毎日肉で、1か月に1回魚になっています。

いや、3か月に1回くらいかも。。。

そこまで食べる機会が少ないと、食べるときは特別感があります。

特別な日には、魚になり、「スペシャルメニュー」になるわけです。

自分の誕生日に作ったのは、魚介のスパゲッティーと、鯛の包み焼き。

魚介のパスタ
鯛の包み焼き

魚料理は、スプマンテと相性がいいので、特別な日に開けるスプマンテもぴったりマリアージュして、特別感が倍増します。

ふと考えると、日本だったら、全然普通のメニューですねΣ( ̄ロ ̄lll)

日本にいた頃は、牛肉の煮込みに赤ワインが特別な日のメニューだったのが、今では日常メニュー。

どちらがいいかは、、、

難しいです。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!