イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
プラムケーキ

イタリアのプラムケーキはプラムケーキではない!

プラムケーキ(Plum Cake)は、イタリアでもプラムケーキと呼ばれますが、イタリア語はローマ字読みをするので、「プラム」は、「プルム」と読みます。「ケーキ」は、なぜか英語読みで「ケイク」。なので、「プルム・ケイク」です。

 

プラムケーキは、プラムという名前がついているがゆえ、フルーツケーキのはずなのですが、イタリアのプラムケーキはフルーツが入りません

果物は入らず、プレーンのケーキです。

 

そして、必ずパウンドケーキの形をしています。

パウンドケーキの形をしていても、バターは入りません

パウンドケーキの形をしているので、パウンドケーキと呼びたいところですが、パウンドケーキはもともと、小麦粉、バター、砂糖、卵を1パウンドずつ入れるからパウンドケーキですから、バターが入らなければ、パウンドケーキとは呼ぶことができなそうです。

 

イタリアでは、バターの代わりに、オイルとヨーグルトが入ります。

なので、ライトなケーキです。

そして、イタリアでは朝食に食べるものです。(イタリアでは、甘いものを朝食に食べます)

 

 

プラムケーキは、イギリス発祥なので、イタリアに入ってきて、材料も用途も変化したのでしょう。。

 

 

というわけで、なんと呼んでいいのかわかりませんが、プラムケーキを作りました。

食後のデザートとして食べたかったので、リンゴを入れてみました。

 

プラムケーキ

プラムケーキ

 

丸い形で作れば、単なる「リンゴのケーキ」ですが、パウンドケーキの形をしているので、リンゴが入っているものの、「プラムケーキ」で通用します。

 

言葉って難しい(笑)。

 

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!