イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
ピッツァ

ファーストフードのピッツァはスローフード

ピッツァは、安くて、食事時間も時短なイタリアのファーストフード的存在。

 

焼く時間が短いので、注文したらすぐ出てきます。
1品だけ食べるので、食べる時間も短くて済みます。

日本でいうと、ラーメンのような位置づけです。

 

ピッツァは、どちらかというと、家で食べるものというよりは、ピッツェリア(ピッツァ屋さん)に行って食べるものです。

 

家でも作ることができますが、あまり家で作られない理由は、作るのに時間がかかるからです。

 

ピッツァ生地は、通常24時間発酵させます。

 

ピッツァには、厚めの生地のナポリピッツァと、薄いローマピッツァがあります。
フィレンツェで食べるのはナポリピッツァ。

 

ナポリ出身の友人からレシピをもらい、何度か作ったことがあります。

 

最近は、全然作っていなかったので、作ってみることにしました!

 

 

レシピをもらったといっても、水の量が書いていないレシピでした。

水は目分量で手の感触で確かめる玄人用のレシピだったのです。。

 

なので、調整して作ったのがこれ↓↓

 

  • 小麦粉 400g
  • 水 220ml
  • 生イースト 20g
  • 塩 5g

 

連日、粉ものをたくさん作っているため、ここ数日で小麦粉を3キロ以上使ってしまってしまいました😲
もちろんそんなにたくさん食べることはできないので、作ったものはすべて冷凍庫に入ってます。そのため、冷凍庫は満タン!
小麦粉が400gしかなかったので、上記の分量に調整しました(笑)。

 

こねて冷蔵庫で24時間置いておきます。

 

膨らんでブニブニしている生地はなんともいえず、おいしそう。

 

そして、ピッツァ1個分にします。
ピッツェリアのピッツァは、たいてい220g前後です。

 

トマトソースとモッツァレラをのせて、オーブンの最高温度で5分くらい焼きます。

 

ピッツェリアの石窯は、400度近くなりますが、家庭のオーブンではせいぜい250度くらいまでしか上がりませんので、そこが大きな差です。

石窯では温度が高いため約1分で焼き上がりますが、家庭のオーブンでは5分くらいかかります。

 

ピッツェリアのピッツァは、直径30センチくらいありますが、私はすこし小さめに作りました。

 

ピッツァ

 

やっぱり長時間発酵した生地はもちもちしていて、おいしい!

中はふわふわ、外はパリっとしています。

 

 

時間はかかるけど、たまに作ってみようと思いました♪

 

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!