イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
パスタサラダ

海のお弁当にもってこいの夏パスタ

イタリアでは、35度以上の猛暑が続いています。

 

暑いときは、パスタサラダが大活躍。

朝の涼しいときに作っておいて、ランチに食べることができます。

 

ゆでたパスタと、細かく切ったお好みの具材、オリーブオイルを混ぜれば出来上がり。

 

今日は、トマト、きゅうり、ハム、炒めたズッキーニ、ゆで卵、ケイパー、パセリを入れました。

 

パスタサラダ

 

作るときのコツは、

①パスタは、ショートパスタを使う

ロングパスタは、のびやすく、くっつきやすく、食べにくいです。ショートパスタは、冷めてもアルデンテを保つことができます。

 

②良質のオリーブオイルをたっぷりかける

ゆであがったパスタに、オリーブオイルをかけるので、オリーブオイルは熱しません。安いオリーブオイルを使うとパスタ全体がおいしくなくなるので、高品質なものを使うこと。

 

③アンチョビかケイパーを入れる

具は野菜が多く、野菜の甘みがあるので、塩気のあるもの入れることによって、味がひきしまります。塩気のあるものがないと、全体的にだらっとした味になります。

 

④イタリアンパセリをたっぷり入れる

パセリをたっぷり入れることでちょっと風味が出ます。

イタリアでは、とにかくよくパセリを入れます。
「あなたは、パセリのようだ」という表現があります。どんなものにも入るパセリにたとえて、いろいろな場所でよく会う人に「いつもいるね」という意味で使われます。

 

 

パスタサラダは、海に行くときのお弁当の定番。

朝作って、タッパーに入れて、ビーチへGO。お昼にビーチで食べる人気の夏メニューです。

 

サラダといっても、冷え冷えではなく、常温くらいで食べます。

冷蔵庫から出したてくらい冷えていると、味を感じにくくなります。

 

日本でパスタサラダというと、マヨネーズが入ったものをいうようなイメージですが、マヨネーズ味のパスタはイタリアには基本的にはありません。

 

オリーブオイルだったら、ヘルシーですし、ぜひおいしいオリーブオイルで作ってみてください♪

 

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!