イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
鶏肉のオーブン焼き

ワインが進む鶏肉のハーブ・オーブン焼き

鶏肉のオーブン焼きは、イタリアの家庭料理の定番。

今回は、ハーブたっぷり&マルサラ酒で下味をつけました。

ハーブたっぷりでハーブの香りがいっぱい🌿

そして、マルサラで下味をつけることで風味豊かでやわらか❣

これはワインが進みます🍷😋

下味をつける時間と焼く時間はかかりますが、放っておけばいいだけなので簡単です。

肉厚な鶏だとさらにジューシーでおいしくできます♡

鶏肉のハーブオーブン焼き

鶏肉のハーブ・オーブン焼きのレシピ

材料(2人分)

鶏肉(大きい手羽元) 4本
白ワイン 50ml
マルサラ酒 25ml
ニンニク 1片
ローズマリー、セージ、タイム、オレガノ 適量
ケイパー 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1
塩胡椒 適量

作り方

① ボウルに、白ワイン、マルサラ、半分にしてつぶしたニンニク、ハーブ類を入れ、塩胡椒した鶏肉を漬け、ラップをして冷蔵庫で約2時間おいておく。
② ①の鶏肉を耐熱皿に入れ、マリネ液の半分を入れ、あらたにハーブ類をかけ、ケイパーを入れ、オリーブオイルをかけ、アルミ箔をかぶせて200度のオーブンで約30分焼く。アルミ箔を外して、さらに約30分焼く。

イタリアの家庭料理である鶏肉のオーブン焼きにはカジュアルなワインをペアリング。

トスカーナでは、やっぱりキャンティ🍷

鶏肉だけど、ハーブとマリネすることで風味豊かになるので、赤ワインがマッチ♡

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!