イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
スペルト小麦のサラダ

イタリアの夏の定番、スペルト小麦のサラダ

フィレンツェは、今日は40度!

外を歩くと、体全体にドライヤーの熱風があたっているかのような体験したことのない暑さです。

 

家には、エアコンはあるものの、イタリアは電気代がものすごく高いため、1日中つけっぱなしにすると、電気代がおそろしいことになるので、昼の数時間だけつけています。。

 

できるだけ体温があがらないように、温かい料理は避けて、冷たい料理ばかり食べています。

 

今日のメニューは、スペルト小麦のサラダ

 

「サラダ」といっても、レタスのような葉っぱ類は入っていません

 

イタリアでは、冷たい料理のことを「サラダ」と呼ぶので、お米のサラダ、パスタサラダ、スペルト小麦のサラダは、温かいパスタやリゾットの代わりに食べる「プリモ」になります。

 

スペルト小麦は、日本ではあまり一般的ではないですが、イタリアでは夏はパスタの代わりになる定番食品。

 

食物繊維がたっぷりで、ミネラルも豊富。

茶色くて、見るからに食物繊維がいっぱいありそうで、健康にもよさそうですよね。

 

 

茹で方は、パスタと一緒。お湯をわかして、スペルト小麦と塩を入れ、茹でて、ざるにあげてお湯をきります。

お米のサラダを作るときのお米の茹で方も同様。

白米を炊くことや、リゾットを作るのに慣れていると、お米をざるにあげるのは、なんだかヘンな感じですが、そうすることによって、冷えた時に、もったりしないので、冷たくして食べるときは、思いきってお湯を捨てましょう^^

 

 

具は、好きなものを入れます。

 

にんじん、ズッキーニ、ハム、チーズ、オリーブ、ケッパー、ツナ。とにかくなんでもいいんです。

 

基本の組み合わせは、①ケッパー+ツナ、または、②ハム+チーズ。

①と②は一緒にしないのが基本。

魚はケッパーと相性がよく、魚は肉やチーズとは基本的には合わせないためです。

 

①か②に、野菜を入れれば、たんぱく質と炭水化物とビタミンがとれて、1品だけで立派な食事になります。

 

朝スペルト小麦を茹でて、材料を混ぜて、オリーブオイルと塩をかけて味をなじませておけば、夜は火を使わなくてもすむのでラクチン。

 

スペルト小麦のサラダ

 

 

スペルト小麦のサラダや、お米のサラダは、バールのアペリティ―ボの定番でもあります。

お米のサラダは、このスペルト小麦をお米に代えればいいだけです。

 

なんだか、アペリティーボをしている気分になり、夏のお気に入りのメニューでもあります♪

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!