イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
ドルチェアンドガッバーナ

ドルチェ&ガッバーナの上海ショー中止と批判について考えること

11月21日に予定されていたドルチェ&ガッバーナの上海でのショーが中止になり、それについて、大騒ぎになっています。

インスタで投稿された3つの動画が批判されていますが、それらは、中国人の女性が大きなピッツァを食べるもの、山盛りのスパゲッティを食べるもの、巨大なカンノーロ(シチリア名物のお菓子)を食べるもの、の3つです。

どれも箸を使って食べるというシーンなのですが、箸を両手でもっていたり、ピッツァを箸で突き刺したりと「箸文化をばかにしている」という批判されています。

また、食べ物の大きさが異常に大きく、ナレーターの男性が「あなたには大きいのでは?」と言っているそうで、これも「差別だ」と炎上しています。

さらに、背景になっている場所も悪いとのことで、とにかく、すべて批判されています。

動画のナレーションは、中国語だったので、わかりませんでしたし、私は中国文化を品らいので、ぴんときませんでしたが、ブラックジョークのようなところがあると思います。

文化的なジョークは、中国人には通用しなかったということでしょう。

このインスタの投稿の批判により、上海のショーはキャンセルになりました。

ただ、この動画だけが原因ではなく、その前に、ステファノ・ガッバーナが中国を見下すような発言をしていたことも原因のようですが、とにかく、ドルチェ&ガッバーナが大きな市場を失ったのは間違いありません。

この動画が、日本語ナレーションで、日本人モデルの日本を舞台にしたシーンだったら、私たち日本人は、どんな反応をしていたでしょうか。

やはり批判殺到で、ショーがキャンセルになったでしょうか?

ドルチェ&ガッバーナは、私にとって、一番最初に好きになったイタリアンブランドで、ドルチェ&ガッバーナが私をイタリア好きにした要因のひとつでもあり、とても好きなブランドなので、複雑な気持ちになりました。

ドルチェ&ガッバーナは、デザイン(=表現)が魅力です。

1を100にも変えてしまう表現が、ドルチェ&ガッバーナの魅力で、今回問題になった動画は、箸やイタリアフードを誇張したもので、彼らにとっては普通のことだったのだと思います。

スパゲッティを食べるアジアのモデルのシーンは、これが初めてではなく、以前もありました。

アジア人がシチリアに旅行に来たような設定で、スパゲッティを手で食べているという設定です。

白人モデルと黒人モデルは、フォークを使ってスパゲッティを食べていますが、アジア人モデルは手で食べています。

その時は、アジア人がどの国の人かわからない設定だったので、問題になりませんでしたが、それが中国人という設定だったら、その時点で問題になっていたでしょうか?

魅力である表現力を、中国文化をよく知らなかったがために、間違った方法で表現してしまって問題が発生したのだと思います。

この問題で、たくさんの中国人が、「もうドルチェ&ガッバーナを買わない」と宣言しています。

文化を理解するのは難しい、と思った事件でした。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!