イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
イタリアのスーパーのコロナウイルス対策

~イタリアコロナウイルス状況~社会的距離は1メートル

今日、フィレンツェ郊外のスーパーマーケットに行ってきました。

 

レジに表示されていたのは、ソーシャルディスタンスを保つように表示がされていました。

 

イタリアのスーパーのコロナウイルス対策

 

キャッシャーの前には立たずに、ベルトコンベアーの始まりのところで待つこと、レジ打ちが始まったら、反対側の端に移動して袋詰めをすることが記載されています。
(イタリアのスーパーでは、ベルトコンベアーのようなものの上に、買う商品を自分で置いて、キャッシャーがレジ打ちをしたものを、反対側に置きますので、それらを自分ですぐその場で袋詰めするというシステムです。)

 

前の人が袋に詰め終わって立ち去るまでは、次の人のレジ打ちは始まりません。

 

必然的に、待ち時間が長くなりますが、みんな静かに従っていました。

イタリア人、ひとりひとりが気をつけている印象でした。

 

私の次の人が、子ども連れだったのですが、うろちょろしていましたが、キャッシャーの人も、親も「ここにいなさい」と注意していました。

 

 

コロナウイルス感染阻止対策として、社会的距離を1メートル以上保つように、イタリア政府から注意喚起されています。

挨拶には、握手またはキス&ハグが必須の習慣のイタリアでは、この習慣自体を変えないといけません。

握手、またはキス&ハグができないことで、ギクシャクしているイタリア人。

 

いつもより人々が距離をおいていて、不自然な空気が流れています。

 

自己管理と協力をして乗り越えたいです。

 

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!