イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
FFPマスク

コロナ禍、帰国のときに準備したもの

イタリアから帰国し、現在自主待機中です。

コロナ禍、長時間のフライトは対策をしなければなりません。

フライトにあたり、私が準備したものをご紹介します。

マスク

エールフランスの飛行機の中では、マスクは義務です。サージカルマスク、またはEU基準のFFP2、FFP3のマスクでなくてはいけません。

布のマスクはNGです。

サージカルマスクは飛沫防止にはなりますが、感染から守ってくれるためのものではないため、感染防止のFFP2のマスクを用意しました。

FFP2マスク

イタリアの町なかでは、このFFPマスクをしている人がけっこういます。

私は、普段使ったことがなかったのですが、渡航のために購入しました。

日本では付けている人を見かけませんが、日本でも売られています↓↓

私が購入したのは耳にかけるタイプではなく、後頭部にゴムをかけるタイプだったのですが、動くと髪でツルツル滑って、うまく固定できません。

ゴムを切って、耳にかけることができるようにアレンジしました。。

着け心地は、フィット感がすごくあります。

周りの空気が入ってこない感じですが、マスクを通してちゃんと呼吸はできます。

EU規定ということで、鼻が高い顔を想定して作られているようで、日本人の私の鼻では少しマスクの上部が大きいです。

これをフィレンツェの空港、パリの空港、フライト中、ずっと着用していました。
外したのは機内の食事のときのみ。

こんなに長い時間マスクをしていたのは初めてです。

肌が弱いため、ヒリヒリして顔が真っ赤になりました😨😨😨
肌の赤味は、その後1週間くらい続くという始末。。

復路のフライトは、肌対策をしなければ。。

ちなみに、布マスクの人は、搭乗するときに機内でサージカルマスクをもらうことができます。

ハンド用消毒ジェル&シート

手の消毒用に、ジェルとシートを用意。

消毒ジェルは機内持ち込み用に、30mlのミニサイズを持っていきました。

空港内はいたるところに化粧室があるので、手を洗うことはできますし、機内では頻繁に除菌シートが配られます。機内のトイレにも除菌シートが置いてありました。

頻繁に除菌シートが配られるので、そのたびに除菌していたら、手がおもいきり荒れました。

帰国して早々ワセリンを買って、厚塗りしていたら治りましたが、復路はワセリンを機内に持っていこうと思います。

スーツケース用除菌セット

私はいつも滞在先に到着したときにスーツケースを拭くための使い捨ての布を持っていきます。

日本は家の中は土足厳禁ですから、スーツケースを到着と同時にきれいにしなくてはなりません。

いつもは水拭きしていましたが、今回は除菌スプレーもセットで持ってきました。

自主待機期間中のアパートメントはワンルームなので、玄関が狭いことは事前にわかっていました。

スーツケース1個と脱いだ靴のスペースくらいしかない玄関に、大きいスーツケース2つと機内持ち込み用のスーツケースを放置しておくことができません。

除菌シートでもよかったのですが、スーツケース3個だと大量のシートが必要なため、スプレーと布にしました。

いざとなればなんでも空港でも買うことができますが、事前に用意しておくと安心です。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!